[深層NEWS]武漢のWHO感染経路調査、「隠蔽の中でミッシングリンク埋められるかどうか」

 神田外語大の興梠一郎教授と経済産業研究所の藤和彦コンサルティングフェローが14日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、新型コロナウイルスが最初に広がった中国湖北省武漢市で世界保健機関(WHO)の調査団が行う調査について議論した。

 藤氏は、集団感染が最初に確認された海鮮市場での初調査を通じて感染経路が解明されるかどうかを注目点に挙げ、「中国の周到な隠蔽(いんぺい)工作の中で、サイエンスの力でミッシングリンクを埋められるかどうかだ」と語った。

関連記事(外部サイト)