「同胞愛の情と熱があふれた」平壌で南北芸術団が合同公演

「同胞愛の情と熱があふれた」平壌で南北芸術団が合同公演

平壌で行われた南北芸術団の合同公演(2018年4月4日付労働新聞)

訪朝した韓国芸術団と北朝鮮の三池淵(サムジヨン)管弦楽団による合同公演「私たちは一つ」が3日、平壌の柳京鄭周永体育館で開催された。韓国の聯合ニュースによれば、会場には1万2000人が詰めかけた。

韓国からは歌手のチョ・ヨンピルさん、ガールズグループのRed Velvet(レッドベルベット)のほか、チェ・ジニさん、イ・ソニさん、ペク・チヨンさん、ALi(アリ)さん、ジョンインさん、カン・サネさんらが出演した。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は、同公演について「同胞愛の温かい情と熱が溢れた交歓公演は、観客の絶賛を博した」として、次のように伝えた。

北南芸能人の交歓公演舞台「われらは一つ」

【平壌4月4日発朝鮮中央通信】北南芸能人の交歓公演舞台「われらは一つ」が3日、平壌の柳京鄭周永体育館で行われた。

朝鮮労働党中央委員会の金英哲副委員長、祖国平和統一委員会(祖平統)の李善権委員長、朴春男文化相、朝鮮文学芸術総同盟中央委員会の安東春委員長、三池淵管弦楽団の玄松月団長、平壌市民が公演を鑑賞した。

都鐘煥・文化体育観光部長官とユン・サン音楽監督をはじめとする南側芸術団の主要メンバーと南側テコンドー模範団のメンバーが共に観た。

駐朝諸国の外交および国際機構の代表、滞在中の外国のゲストが公演を観た。

交歓公演の舞台には、第23回冬季オリンピック期間の公演活動で南の同胞に印象を残した三池淵管弦楽団の芸能人と平壌を訪問中の南側の有名な人気俳優が出演した。

「われらは一つ」という公演の題名が現れた舞台には、独唱と重唱、歌謡メドレー、歌舞などの多彩なレパートリーが上がった。

南側の芸能人は、北の同胞が血肉の情で温かく迎え、手厚く歓待してくれたことに感謝を表し、平壌訪問の所感も語りながら誠意を込めて準備した愛唱曲で観客を喜ばせた。

北と南が一つになった舞台で互いに手を取り合って統一を願う同胞の熱望を声を合わせて謳歌する出演者の姿は、場内を民族和合の温かい熱気で熱するようにした。

公演は、北と南の芸術人が朝鮮民族同士で力を合わせて三千里の領土の上に統一の大交響楽を高く響かせる意思を盛り込んで歌った歌「白頭と漢拏はわが祖国」「われらの願いは統ー」「また会いましょう」でピークに至った。

終始一貫、北と南の心と志が一つに合わさって、同胞愛の温かい情と熱が溢れた交歓公演は、観客の絶賛を博した。

意義深い交歓公演を記念して、北と南の芸術人は共に写真を撮った。−−−

関連記事(外部サイト)