「安倍と手を切れ」「ウェイトレス返せ」金正恩氏が韓国を脅迫

「安倍と手を切れ」「ウェイトレス返せ」金正恩氏が韓国を脅迫

2018年4月20日に行われた朝鮮労働党第7期第3回総会で演説する金正恩氏(朝鮮中央通信)

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は29日、中国の北朝鮮レストランから脱出し韓国に亡命した女性従業員12人の送還が、南北対話継続の「先決条件」であるとする論評を配信した。ときにアイドル並みの美人ウェイトレスが人気を博してきた北朝鮮レストランの問題は、韓国でも関心が高い。韓国政府としては悩ましい要求である。

2016年4月に発生した女性従業員らの集団亡命を巡っては、韓国の朴槿恵政権(当時)の工作による「企画脱北」であったとの疑惑が提起されている。

これを受けて論評は、「朴槿恵逆徒の反人倫的犯罪を庇護し、隠ぺいしようとするなら、それは積弊清算を願う南朝鮮民心に対する露骨な反逆であり、板門店宣言の履行に逆行する重大な犯罪行為である」と強調し、これまでのところ送還を拒否している韓国側に揺さぶりをかけた。

北朝鮮当局は脱北者を懐柔、あるいは拉致して国内に連れ戻す作戦に力を入れてきた。仮に韓国政府が送還に応じたら、まさに「大戦果」である。

同通信はこの日さらに、韓国政府に日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が南北首脳会談で発表された「板門店宣言」履行の「障害物」であるとする論評も出した。

GSOMIAは日韓初の防衛協力協定として、歴史問題などとからみ韓国世論の反発を受け交渉が難航。朴槿恵前政権が2016年11月23日、ソウルの韓国国防省において非公開で両国の署名式を行い、「密室批判」を受けた経緯がある。現在の文在寅政権も協定を継承しているが、戦争反対平和実現国民運動など一部の進歩系市民団体が、破棄を要求して署名運動を展開している。

いま、韓国政府がこれに応じたら、日韓関係に与える打撃は計り知れない。

目下のところ、韓国政府がGSOMIA破棄に応じる可能性はきわめて低いが、女性従業員の送還問題では微妙な空気も漂っている。

逆に韓国側には、北朝鮮を効果的に揺さぶるカードが見当たらない。「米朝対話を仲介しない」と脅すことはできても、それでは文在寅政権が掲げる対話路線が破たんしてしまう。今後もしばらく、韓国政府は北朝鮮の金正恩党委員長によって、難しい立場に立たされ続けると思われる。

関連記事(外部サイト)