「日本に助言する。過去清算から始めろ」北朝鮮メディア

「日本に助言する。過去清算から始めろ」北朝鮮メディア

朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議を指導した金正恩氏(2018年5月18日付朝鮮中央通信より)

北朝鮮などの内閣などの機関紙・民主朝鮮は7日、日本政府が各国に拉致問題解決への協力を訴えていることについて「外国的失策を挽回し、朝鮮半島問題に介入して利をむさぼるため」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「日本が朝鮮に言い掛かりをつければつけるほど、日本の外交的孤立はより深化しており、朝鮮半島の平和過程に介入できる可能性は薄らいでいる」と指摘。

また「日本が朝鮮半島問題にそれほど関心があるなら一言助言する」としながら、「他国と違って日本は、われわれとの関係で過去清算という重大な懸案を抱えている。これに顔を背けて何かをするということは、絶対に通じない。全ての事には順次があるように、日本がわれわれとの関係で何よりも先にすべき政治的課題は過去清算である」と主張した。

関連記事(外部サイト)