「二枚舌で腹黒」北朝鮮で再び高まる反中感情

中国・習近平国家主席に北朝鮮訪問の噂が浮上 平壌市民は怒り「腹の底が丸見え」

記事まとめ

  • 北朝鮮の9月9日の建国記念日の行事に中国の習近平国家主席が参加するとの噂が浮上
  • しかしそのせいか、しばらく収まっていた反中感情が再び頭をもたげつつあるという
  • 「米朝関係を急進展させたら、急に馴れ馴れしくなった。腹の底が丸見えだ」と平壌市民

「二枚舌で腹黒」北朝鮮で再び高まる反中感情

「二枚舌で腹黒」北朝鮮で再び高まる反中感情

3月、中国を非公式訪問した金正恩氏と習近平氏(朝鮮中央通信)

北朝鮮の緊張緩和を受けて、冷戦状態だった中朝関係は落ち着きを取り戻した。多くの中国人観光客が北朝鮮を訪れ、中国からの援助で北朝鮮の食糧、電力事情は改善した。そんな中で「親中感情が高まっている」と伝えたのは、今年6月のことだ。

ところが、ここに来て再び北朝鮮の人々の中国に対する感情が悪化していると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

中国の丹東にやってきた平壌市民によると、市内では9月9日の建国記念日の行事に中国の習近平国家主席が参加するとの噂で持ちきりだが、そのせいかしばらく収まっていた反中感情が再び頭をもたげつつあるという。

「中国は『血で固められた友誼』などと言って北朝鮮との関係を強調していたくせに、国連(安全保障理事会)の制裁決議に同調した。それでわが国(北朝鮮)がどれほど苦しんだかわかっているはずだ。わが国が南北関係を正常化させ、米朝関係を急進展させたら、中国が急に態度を一変させ馴れ馴れしくなった。腹の底が丸見えだ」(平壌市民)

また、「北朝鮮はまた中国に手のひらで転がされている」「中国という国は朝鮮をどこまでも属国扱いしている」などいった批判も聞かれるという。

中国の大連に駐在する北朝鮮の貿易関係者も平壌で反中感情が高まっていることを認め、次のように語った。

「平壌の知識人たちは、中国が北朝鮮に大々的な投資をしようとするのは、北朝鮮の地下資源を根こそぎ奪おうと目論んでいるからで、米朝関係に冷水を浴びせかけようとするものだと見ている。習近平政権を擁護し、無条件で従おうとする中央(金正恩党委員長)のやり方を『事大主義』的だと批判している」(貿易関係者)

また、中国との貿易に長年携わった経験から「中国は決して北朝鮮の味方ではなく、だからといって北朝鮮を捨て去ろうともしない二枚舌を持っている。中国がどのような国か身にしみてわかっている」とも述べた。

反中感情の高まりに焦った当局は今年4月「中国を貶めたり侮辱したりする発言はやめよ」と人民班(町内会)を通じて通達を出したが、効果はあまりなかったと情報筋は説明した。まさに「自業自得」という状況だ。当局は今年の初めまでさんざん反中感情を煽っていたからだ。

多くの市民を集めて行われた政治講演会では「中国は千年の宿敵」などというレトリックが登場するほどだった。

反中感情が高まる一方で、反米感情が急速に薄らいでいる。

「休みのときに平壌に帰ると、平壌市民の反中感情はなかなか収まりそうにないが、仇(かたき)扱いだった米国への好感度が徐々に高まりつつあることを肌で感じる。平壌市民のみならず地方のトンジュ(金主、新興富裕層)も、酒の席で『米国の(トランプ)大統領は元々大儲けしたビジネスマンだから、米朝関係をいい方向で解決しようとしている』などと話している」

ちなみに、揺れ動く中朝関係のスケープゴートとされ続けてきたのが、北朝鮮に在住する5000人あまりの華僑たちだ。

関連記事(外部サイト)