「米国は対話相手を尊重せよ」北朝鮮メディア

「米国は対話相手を尊重せよ」北朝鮮メディア

金正恩氏

北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は29日、「米国は対話相手である我々を尊重していない」とする個人名の論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、朝米対話が停滞している「主な原因のひとつは、米国が対話相手である我々を尊重せず、古い時代の対決観念から抜け出せていないことにある」と指摘。「(両国が)戦争状態にある現実は、信頼と尊重が朝米関係発展で何より重要な問題であることを示唆している」と述べ、朝鮮戦争の終戦宣言が実現しないことへのいら立ちを表した。

論評はまた、「(米国が)一方的な要求ばかり強要」しており、「米国の執拗な制裁騒動は朝米間で高めるべき信頼と尊重の雰囲気を曇らせ」ていると主張。

そのうえで、「我々は米国が朝米関係改善のための真の信頼構築措置を取るならば、我々も引き続き次の段階の追加的な善意の措置を取って行けるという立場を繰り返し表明し、実際の行動でそれを見せた」としつつ、米国にシンガポール共同声明の誠実な履行を求めた。

関連記事(外部サイト)