「朝鮮再侵略が日本の狙い」北朝鮮が主張

北朝鮮、日本が独島(竹島)の領有権を主張する狙いは「朝鮮再侵略の環境づくり」と論評

記事まとめ

  • 朝鮮中央通信が、朝鮮再侵略のため日本が「独島領有権」問題を世論化していると非難
  • 日本政府が2018年版防衛白書で竹島を「わが国固有の領土」と記述したことに言及した
  • 地理的にも、歴史的にも独島(竹島)は「わが民族の神聖な領土である」と反論

「朝鮮再侵略が日本の狙い」北朝鮮が主張

「朝鮮再侵略が日本の狙い」北朝鮮が主張

金正恩(キム・ジョンウン)氏

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は13日、日本が独島(竹島)の領有権を主張するのは「朝鮮再侵略の環境づくりのため」であると非難する論評を配信した。

論評は、日本政府が2018年版防衛白書で竹島を「わが国固有の領土」と記述したことなどに言及しながら、「独島は地理的にも、歴史的にも、そして法律的見地から見ても誰も侵犯することのできないわが民族の神聖な領土である」と反論。

続けて「日本は『独島領有権』問題を世論化、国際化して領土紛争を起こすことで、朝鮮再侵略のための条件と環境をつくろうとしている」と強弁した。

関連記事(外部サイト)