「みすぼらしいけど頑張った」金正恩氏の本音トークに見る残念な勘違い

「みすぼらしいけど頑張った」金正恩氏の本音トークに見る残念な勘違い

金正恩(キム・ジョンウン)氏

北朝鮮の金正恩党委員長は18日、今年3回目となる南北首脳会談のために平壌を訪れた韓国の文在寅大統領と、同氏の宿泊先である百花園(ペッカウォン)迎賓館で歓談した際、次のように述べたという。

「発展した国に比べたらみすぼらしい」
「水準は少し低いかもしれないが、最大限誠意を見せた宿泊所であり、日程だ」

また、5月26日に板門店(パンムンジョム)の北朝鮮側施設「統一閣」で行った2回目の首脳会談に触れ、「文在寅大統領が板門店のわれわれ側にいらっしゃったのに、場所と環境があまりにアレだったので(良くなかったので)、きちんと迎えられなかったことが心に引っかかっていた。だから今日を待っていた」と言葉に力を込めたとされる。

これは、金正恩氏の偽らざる本心だろう。「ナントカ強国」とか「人類史に残る偉業」とか、誇大妄想的な体制宣伝を繰り返す北朝鮮メディアの論調に慣れた耳には、金正恩氏の本音トークは心地よく響く。金正恩氏は、もともとざっくばらんな性格のようだ。そうでなければ、自国メディアで自分のヘンな写真を次々公開したりはしないだろう。

ただ、「発展した国に比べたらみすぼらしい」というのは、言わずもがなだろう。

北朝鮮の国家経済の水準は、文在寅氏のみならず世界の多くの人々が承知の上だ。停滞する経済の背景に独裁政権の失政があるのは明らかだが、対話を進める以上、それはそれとして受け止めたうえで、「今ある北朝鮮の魅力」を探り出そうとしている人も少なくない。特に今回、文在寅氏とともに訪朝したサムスンやSKなど韓国の財閥オーナーら経済人は、そのような目を持っているのではないか。

では、北朝鮮の魅力はどこにあるのか。ひとつ挙げるとすれば、「国民のたくましさ」だ。十万人単位の餓死者が出た1990年代の大飢饉を転機に、人々は生き延びるため、社会主義体制下では禁止されてきた「商売」に乗り出した。それまで、金儲けの方法などまったく教わる機会がなかったにもかかわらずだ。

そして今や、北朝鮮経済では様々なビジネス・アイデアが芽を出し、社会の営みを支えている。これこそは成熟し切った先進国が失いつつある、「将来性」という名の輝かしい魅力だ。

それなのに金正恩氏は、「非社会主義的現象を根絶」に血道を上げている。自分で稼いだお金でファッションを楽しみ、街に華やかさを添える若者らを「腐敗堕落している」として取り締まり、人々の「心の自由」を抑えつけているのだ。

そもそも、本気で韓国大統領一行を歓迎する気があるなら、韓流ドラマをこっそり見たというくらいで、拷問したり粛清したりする野蛮な行いから止めたらどうなのか。

人々の「心の自由」がより輝きを放つようになれば、独裁体制が今後しばらく失政を続けるとしても、北朝鮮は輝きを保つことができるだろう。

関連記事(外部サイト)