北朝鮮副総理、韓国財閥トップらと歓談

北朝鮮副総理、韓国財閥トップらと歓談

デイリーNKジャパン

金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長ら北朝鮮高官らは18日、文在寅大統領に随行して訪朝した韓国の政・官・財界人らと歓談した。また文氏夫人の金正淑(キム・ジョンスク)氏は金正恩党委員長の夫人・李雪主(リ・ソルチュ)氏とともに児童病院と音楽大学を訪問した。朝鮮中央通信が伝えた。

金永南氏は万寿台議事堂で、韓国の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相、康京和(カン・ギョンファ)外相、宋永武(ソン・ヨンム)国防相、都鐘煥(ト・ジョンファン)文化体育観光相、金賢美(キム・ヒョンミ)国土交通相、金栄春(キム・ヨンチュン)海洋水産相、の金才賢(キム・ジェヒョン)山林庁長らと歓談した。

これには北朝鮮側から祖国統一民主主義戦線中央委員会の朴明哲(パク・ミョンチョル)書記局長兼議長、祖国統一研究院の李種革(リ・ジョンヒョク)院長、平壌市人民委員会の車熙林(チャ・ヒリム)委員長、祖国平和統一委員会のチョン・ジョンス副委員長らが同席した。

また、韓国の財閥トップら財界人には李龍男(リ・リョンナム)内閣副総理が対応。北朝鮮側から民族経済協力委員会のパン・ガンス委員長が同席した。

一方、金正淑氏と李雪主氏は玉流児童病院と金元均音楽総合大学を訪問した。

関連記事(外部サイト)