北朝鮮の秋夕の家族の楽しみ「韓流ドラマ」が消えた理由

北朝鮮の秋夕の家族の楽しみ「韓流ドラマ」が消えた理由

金正恩(キム・ジョンウン)氏

朝鮮半島で旧暦の8月15日(今年は9月24日)は秋夕(チュソク)と呼ばれ、旧正月と並ぶお祝いの日だ。韓国では帰省したり、連休を利用して海外旅行したりする人たちで駅も空港も大混雑する。

今年は5連休となった韓国とは異なり、北朝鮮では秋夕当日しか休みにならない。そればかりか、穴埋めに別の休日に出勤しなければならないが、それでも一時期に比べれば状況は変化している。

北朝鮮当局は1967年5月、秋夕などの伝統的なお祝いの日を「社会主義にそぐわない」との理由で祝日から除外した。しかし、昔からの風習を変えるには至らず、金正日総書記が「わが民族第一主義」を提唱した1988年に復活した。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は、金正恩党委員長が秋夕を迎えた24日に、大成山革命烈士陵、新美里(シンミリ)愛国烈士陵、祖国解放戦争参戦烈士陵に花輪を贈ったと報じている。伝統的な風習を排撃していた金日成時代なら考えられなかったことだろう。

北朝鮮の家族は、秋夕の日に家族揃って墓参りをし、家に戻ってからごちそうを食べながら夜な夜な韓流映画を見たりしていたが、最近ではそれも難しくなったようだ。

平壌のデイリーNK内部情報筋によると、韓流ドラマを見ていることが当局にバレたら政治犯扱いとなる。また、子どもたちが見ているのがバレれば「子どものしつけができてない」として、家族全員が管理所(政治犯収容所)送りになってしまうという。

仮に「悪質性が低い」「罪状が軽い」と判断されても逮捕され、平壌から追放されてしまう。それなりの豊かな暮らしが保証されている平壌からの追放は、市民が最も恐れることだ。

黄海北道(ファンヘブクト)のデイリーNK内部情報筋も、現地で韓流の取り締まりが行われていると伝えた。

「最近では流石に公開処刑はやらないが、監獄行きになる。元帥様(金正恩氏)が禁止を厳命したという噂が流れ、怖くて誰も韓流を見ようとしない」

当局は今年から「非社会主義的現象」(当局の考える社会主義を阻害する行為)の取り締まりを大々的に行っている。対象には賭博、売買春、違法薬物の密売や乱用、ヤミ金融、宗教を含む迷信などに加え、韓国など外国のドラマ・映画・音楽の視聴が含まれている。

しかし、取り締まりが多岐にわたったことから国民生活に悪影響が生じ、強い反発が出ていた。一時は取り締まりの中止、緩和が伝えられたが、思想と関連する韓流については強力な取り締まりを続けている模様だ。

しかし、韓流アイドルの平壌公演を許可する一方で、韓流の視聴を禁止する当局のダブルスタンダードには、国民から不満の声が上がっている。ほとぼりが冷めれば、北朝鮮の人々はまた韓流に手を出すだろう。

関連記事(外部サイト)