キリスト教徒迫害の金正恩氏、ローマ法王の訪朝を要請

キリスト教徒迫害の金正恩氏、ローマ法王の訪朝を要請

2018年9月20日、韓国の文在寅大統領らと白頭山を訪れた金正恩氏(平壌写真共同取材団)

韓国青瓦台(大統領府)は9日、北朝鮮の金正恩党委員長がローマ法王フランシスコの訪朝を要請したと明かした。文在寅大統領が17、18日にバチカンを公式訪問した際、法王フランシスコに金正恩氏の意向を伝えるという。

青瓦台によると、金正恩氏は法王フランシスコの訪朝が実現すれば「熱烈に歓迎する」との意向を示している。

先月、文在寅氏が南北首脳会談のため訪朝した際には、金喜中(キム・ヒジュン)韓国天主教主教会議議長兼光州大教区教区長(大主教)も同行。金正恩氏との面会時に「南北が和解と平和の方向に進んでいることをローマ法王庁に伝える」と述べると、正恩氏は「ぜひ伝えてほしい」と応じたという。

ただ、北朝鮮はかねてからキリスト教徒への迫害が指摘されており、法王フランシスコが訪朝の意向を示したとしても、環境を整えられるかは未知数と言える。

米国務省が5月29日に発表した2017年版の「信仰の自由に関する国際報告書」は、北朝鮮では2017年の1年間に、宗教活動をしたという理由から119名が処刑され、770名が収監されたと指摘。また、宗教を理由に87名が失踪し、48名が強制移住させられ、44名は身体的に負傷したとしている。

関連記事(外部サイト)