「下心さらけ出した」北朝鮮紙が韓国を猛批判

「下心さらけ出した」北朝鮮紙が韓国を猛批判

北朝鮮紙が韓を非難する論評

「下心さらけ出した」北朝鮮紙が韓国を猛批判

金正恩(キム・ジョンウン)氏

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は6日、韓国政府が軍事費を大幅に増額していることについて「同族と力で対決しようとする下心をさらけ出した」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

韓国国防省が11日に発表した「2019―2023国防中期計画」によれば、向こう5年間の軍事は総額270兆7000億ウォン(約26兆2000億円)で、同期間の年平均の増加率は前年比7.5%と、直近10年間の年平均増加率(4.9%)を大きく上回る。

論評は「南朝鮮軍部の行為は朝鮮半島の恒久的かつ強固な平和を望む全同胞の志向と念願に対する挑戦であり、わが朝鮮に対する露骨な挑発である」と主張。

続けて「かつて南朝鮮で絶えず強行されてきた外部勢力との合同軍事演習と、外部からの戦争装備搬入をはじめ大規模の武力増強は、朝鮮半島情勢緊張の根源となってきた」と強調した。

関連記事(外部サイト)