米F35戦闘機で操縦士の酸欠多発…日韓空軍への影響は

米F35戦闘機で操縦士の酸欠多発…日韓空軍への影響は

航空自衛隊のF35A戦闘機(防衛省提供)

韓国の通信社ニューシスは10日、日本の航空自衛隊に所属するF-35A戦闘機1機が青森県沖の太平洋上に墜落したと見られていることを受けて、「現在のところ、わが空軍に影響は及ばない」とする韓国空軍関係者の話を伝えた。

この関係者は「今回、太平洋上で消えた日本のF-35Aは三菱がライセンス生産したもの」と指摘。「我々が導入したものとは別の生産ラインだ」と説明している。記事によれば、韓国空軍が導入する予定のF-35Aは、40機すべてが米テキサス州にあるロッキードマーティンの工場で生産されるという。

韓国空軍が導入を進めるF-35A戦闘機は、北朝鮮が最も警戒する先端兵器のひとつ。核開発で通常戦力の劣勢を補ってきた北朝鮮だが、仮に米国との非核化対話が進展すれば、軍事力で「東アジア最弱」が定位置になるのは確実と見られる。

しかし実際のところ、この関係者が言うように、米国で生産されたF-35Aが空自のものより安全であるという保証はどこにもない。

日本共産党の宮本徹議員は2月15日の衆院予算委員会で、「2017年には、F-35のパイロットが酸素欠乏になる重大事案が6回起きている。呼吸調節装置が頻繁に故障する。急激なコックピット内の気圧の変化は、耳や鼻が損傷して、パイロットが状況認識を失い、航空機を墜落させる可能性がある、これは原因が特定されていないと米国の報告書に書いている」と指摘。岩屋毅防衛相もこれを認めた。

関連記事(外部サイト)