「核施設5カ所中、1〜2カ所だけの廃棄案だった」トランプ氏、米朝決裂に言及

「核施設5カ所中、1〜2カ所だけの廃棄案だった」トランプ氏、米朝決裂に言及

ベトナム・ハノイでの首脳会談1日目に臨んだ金正恩氏とトランプ氏(2019年2月28日付朝鮮中央通信)

トランプ米大統領は19日(現地時間)、米FOXニュースのインタビューで、ベトナム・ハノイで2月に開かれた2回目の米朝首脳会談が物別れに終わったことについて、北朝鮮の金正恩党委員長が国内5カ所の核施設のうち1〜2カ所のみを廃棄する考えを示したと明らかにした。

一方、トランプ氏が言及した「5カ所」が北朝鮮のどのような施設を指すのかは明らかにされなかった。

トランプ氏は会談終了後、金正恩氏に対して残りの3カ所をどうするのか問い、合意をするのであれば、本当の合意をしたいと伝えたという。

関連記事(外部サイト)