「日本は言うことと行動が正反対」北朝鮮が反発

「日本は言うことと行動が正反対」北朝鮮が反発

8日、人民武力省で演説した金正恩氏(2019年2月9日付朝鮮中央通信)

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は26日、日本政府が在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)について「(現在も)破壊活動防止法に基づく調査対象団体である」とする答弁書を閣議決定したことを受け、「日本は対話を云々するが、行動は正反対だ」と反発する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は「最近、日本当局は折に触れ、対話をうんぬんしている。しかし、言動はこのように正反対である」と主張。

「明白にしておくが、総聯に対する卑劣な中傷と弾圧は即ち、わが朝鮮に対する敵対行為、重大な政治的挑発である」と強調した。

関連記事(外部サイト)