日本の「軍事大国化」に震える韓国と北朝鮮

日本の「軍事大国化」に震える韓国と北朝鮮

海上自衛隊の護衛艦「いずも」(海自提供)

韓国紙・朝鮮日報(日本語版)は29日、「軽空母、ステルス戦闘機…急速に進む日本の軍事大国化」と題した記事を掲載した。

同紙は「日本は既に軍事大国として評価されている。太平洋戦争時に空母を保有していたため、伝統的に海軍力が強い。日本は、長期的にはDDH4隻を全て軽空母に改造する計画だ」と指摘。また、「日本は、今後10年以内にF35戦闘機を計147機(F35Aが105機、F35Bが42機)運用するという立場だ。米国を除くと、世界で最も多くのF35ステルス戦闘機を保有することになる」と紹介した。

韓国では日本との「レーダー照射問題」以降、保守系メディアを中心に、このような日本の軍事力強化の実態をうらやむような論調が目に付く。


北朝鮮もまた、日本の軍備増強には神経質な反応を見せている。仮に非核化を実行した場合、軍事力で東アジア最弱となる北朝鮮とすれば、日本のパワーが気になるのは当然だろう。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は21日、防衛省がコンピュータウイルスを保有する方針を固めるなど、日本が軍事力増強に取り組んでいることを非難する論評を配信した。

東京新聞4月29日付などによると、日本政府は、日本の安全保障を揺るがすようなサイバー攻撃を受けた場合に反撃するとして、防衛省でコンピュータウイルスを作成、保有する方針を固めたという。これに対して論評は、「日本の戦争ヒステリーが日々増しており、『自衛隊』武力の実戦化が多角的に強行推進されていることを示している」と指摘。

また、北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮も26日、日本が自衛隊に宇宙専門部隊の新設を決めたことに対し、「軍事大国化を志向するものだ」と非難する論評を掲載している。

国内経済が停滞する韓国は今、戦闘機やミサイルの更新で日中に後れを取っており、政府への批判が根強い。これは数年で解決できる問題ではなく、長期にわたり引きずることになるだろう。さらに政治の混乱が起きるようなら、問題はより複雑化するはずだ。

そして、より深刻な状況にあるのが北朝鮮だ。

最近では、軍隊内での性的虐待に耐え兼ねた女性兵士らの脱走が相次いでいるとされる。

軍事的に対峙してきた両国だが、戦争がないまま過ごした長い年月の間に、内部の緊張は相当にゆるんでいるのかもしれない。

関連記事(外部サイト)