金正恩氏が「ロシアの日」でプーチン大統領に祝電

金正恩氏が「ロシアの日」でプーチン大統領に祝電

4月25日に会談した金正恩氏とプーチン氏(2019年4月26日付朝鮮中央通信)

北朝鮮の金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)が12日、「ロシアの日」に際して同国のプーチン大統領に祝電を送った。朝鮮中央通信が伝えた。

「ロシアの日」は1990年6月12日、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国人民代議員大会が国家主権に関する宣言を採択したことを受けて設定されたロシアの祝日。

金正恩氏は祝電で、4月に行われたプーチン氏との初の首脳会談に言及し、「われわれの意義深い初の対面で遂げられた共通の認識と合意が豊満な実を結ぶことによって先代指導者たちがもたらした戦略的かつ伝統的な朝露友好関係がさらに昇華、発展するとの確信を表明する」と述べている。

関連記事(外部サイト)