「韓国の仲介など必要ない」米朝対話で北朝鮮…米国には「期限」強調

「韓国の仲介など必要ない」米朝対話で北朝鮮…米国には「期限」強調

金正恩氏と文在寅氏(平壌写真共同取材団)

北朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国担当局長は27日、米国の「敵対行為」を非難しつつ、「朝米対話の期限は年末まで」と強調する談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

また、同局長は談話の中で、韓国とは水面下においても対話や交流は「一つもない」と明言し、米朝の仲介役を自任する韓国政府を批判した。

談話は、「米国は口先では朝米対話をうんぬんしながらも、実際的にはわれわれに反対する敵対行為をいつにも増して憎らしく働いている」と指摘。北朝鮮外務省は前日の報道官談話で、米国からの人権攻勢と制裁圧力に反発しており、同じ脈絡の主張と見られる。

談話は続けて「米国が双方の利害関係に等しく合致する現実的な方案を用意する考えはせず、対話の再開をオウムのように唱えるからといって、朝米対話が自ずと開かれるのではない。わが国務委員会委員長同志(金正恩氏)がすでに歴史的な施政演説で明らかにしたように、朝米対話が開かれるには米国が正しい計算法を持って出なければならず、その時限は年末までである」と強調。

さらに「米国と対話を行おうにしても、協商の姿勢が正しくなくてはならず、言葉が通じる人と協商すべきであり、まともな対案を持って出てこそ協商も開かれる」として、前日の談話で名指し非難したポンペオ国務長官ら米国の強硬派をけん制した。

談話はまた、「朝米関係を『仲介』するかのように振る舞い、自らの値打ちを上げようとしている南朝鮮当局者らにも一言言いたい」として、韓国政府にも非難の矛先を向けた。

談話は「周知のように、朝米関係はわが国務委員会委員長同志と米大統領間の親交に基づいて進んでいる」として、金正恩氏とトランプ米大統領がなお良好な関係を維持していることを強調。

そのうえで、「われわれが米国に連絡することがあれば朝米間で以前から稼働している連絡ルートを利用すればよいことであり、協商を行っても朝米が直接対座して行うようになるのだから、南朝鮮当局を通じることは全くない」と突き放した。

さらには「南朝鮮当局者らは今、北南間にも多様な交流があり、水面下で対話が行われているかのように宣伝しているが、そのようなことは一つもない」と明言。「南朝鮮当局は、内部のことから正しく処理する方がよかろう」として、米国など国際社会の視線を気にして対北経済協力に踏み出せない韓国政府へのいら立ちを露わにした。

関連記事(外部サイト)