「東京都心は帝国主義の牙城」北朝鮮が日本非難

「東京都心は帝国主義の牙城」北朝鮮が日本非難

護衛艦「いずも」(海上自衛隊提供)

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は4日、日本に過去清算を迫る論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「日本反動層の歴史わい曲、歴史否定策動は日を追ってひどくなっており、過去に対する日本の態度はあまりにも図々しい」と指摘。また、日本反動層が目指すのは「侵略と戦争をこととしていた帝国時代を復活させる」ことだと主張した。

さらに「日本軍国主義の牙城である東京の都心と軍艦で戦犯旗である「旭日旗」が公然とはためき、『自衛隊』の軍事活動範囲を世界的規模へ拡大することのできる安全保障関連法が採択されたことなどはこれを実証している」と強調した。

関連記事(外部サイト)