「日本を待つ破滅の断崖」北朝鮮紙、憲法改正を非難

「日本を待つ破滅の断崖」北朝鮮紙、憲法改正を非難

自衛隊富士火力演習(資料写真)

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は18日、日本の安倍政権が改憲で自衛隊の明記を目指すのは「武力行使を可能にして軍国主義時代を再現する」ためであるとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、日本が諸外国との軍事協力を強化しているのは「『自衛隊』の活動領域が憲法が定めた限界を完全に超えて太平洋はもちろん、インド洋にまで拡大されたことを示唆している」と指摘。

「これは、よりいっそう露骨になる日本の軍事大国化と海外膨張野望の集中的発露である」としながら、その結果として待ち受けているのは「破滅の断崖である」などと主張した。

関連記事(外部サイト)