北朝鮮、短距離弾道ミサイル2発発射…韓国軍発表

北朝鮮、短距離弾道ミサイル2発発射…韓国軍発表

北朝鮮が5月4日に発射した戦術誘導兵器。ロシアの短距離弾道ミサイル「イスカンデル」と酷似している(2019年5月5日付朝鮮中央通信)

韓国軍合同参謀本部は31日、北朝鮮が午前5時6分と同27分頃、東海岸の元山(ウォンサン)付近から東北方面の海上に短距離弾道ミサイル2発を発射したと発表した。ミサイルの到達高度は約30キロ、飛距離は約250キロと推定されるという。

関連記事(外部サイト)