北朝鮮新型潜水艦、弾道ミサイル3発搭載か

北朝鮮新型潜水艦、弾道ミサイル3発搭載か

新たに建造された潜水艦を視察する金正恩氏(2019年7月23日付朝鮮中央通信)

韓国国防省は31日、国会情報委員会に対して行った報告で、北朝鮮の新型潜水艦について、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)3基程度を搭載すると見られるとの分析を示した。同委委員長務める野党・正しい未来党の李恵薫(イ・ヘフン)議員が明らかにした。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は23日、金正恩党委員長が新たに建造された潜水艦を視察したと伝え、潜水艦の写真を公開した。

同省はこの写真を分析。胴体の直系が7メートル、長さが70〜80メートルになると推定しているという。

 

関連記事(外部サイト)