「在日同胞の抹殺が目的」北朝鮮、幼保無償化「除外」を非難

「在日同胞の抹殺が目的」北朝鮮、幼保無償化「除外」を非難

育児院を視察した金正恩氏(労働新聞)

北朝鮮の海外同胞援護委員会は19日に声明を発表し、日本政府が幼児教育・保育支援制度の無償化で朝鮮学校の幼稚班を対象外にしたのは「在日同胞に対する弾圧・抹殺策動だ」非難した。朝鮮中央通信が伝えた。

10月から始まる無償化では、朝鮮学校など各種学校に当たる外国人学校の幼稚園約90施設と、キリスト教の教育を実施する一部の「幼稚園類似施設」などは対象外となっている。

声明はこうした措置の目的が「在日同胞の新世代をわが朝鮮と総聯組織の懐から切り離して同化、帰化を促すことで、日本の地で在日同胞社会自体をなくそうとすること」にあると主張している。

関連記事(外部サイト)