「戦闘力、米空母に劣らない」北朝鮮、日本のF35B導入に反発

「戦闘力、米空母に劣らない」北朝鮮、日本のF35B導入に反発

空母化された護衛艦「いずも」で運用される予定のF-35B戦闘機(米海兵隊提供)

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は26日、日本が空母化する護衛艦への搭載用にステルス戦闘機F35Bの導入を決めたことに対し、「海外膨張野望を実現するための無分別な妄動」だと非難する論評を配信した。

論評は、「軍事専門家らは、短距離離艦と垂直着艦が可能なF35Bステルス戦闘機と攻撃上陸艦を互いに配合すれば艦隊の攻撃能力において「質的な飛躍」を遂げられるとし、その総合的な戦闘力はF/A18E/F戦闘機を搭載した米空母に決して劣らないと主張している」と言及。

「先制攻撃能力を備えた攻撃型空母に再侵略熱気で熱したサムライ後えいを乗せ、20世紀のように『旭日旗』をはためかせて昔の植民地宗主国の地位を再び取り戻すというのが、安倍一味の変わらぬ野望である」と決めつけた。

関連記事(外部サイト)