「自衛隊の作戦能力が高度化」F35B導入で北朝鮮

「自衛隊の作戦能力が高度化」F35B導入で北朝鮮

護衛艦「いずも」(海上自衛隊提供)

北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は27日、日本政府が空母に改修される予定の護衛艦への搭載用としてF35Bステルス戦闘機の導入を決定したことに対し、「『自衛隊』の攻撃能力を向上させて軍事大国化の実現に拍車をかけようとする野望の発露」だと非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「地上と海上、空中で『自衛隊』の機動打撃力と作戦能力は高度化し、攻撃を目的にした武装装備が急激に近代化されたり、更新されている」と指摘。その目的は「任意の場所、任意の時刻にいかなる戦闘も行える完全な攻撃型の侵略武力につくろうとする」ことにあると主張した。

関連記事(外部サイト)