「天真らんまんな子どもにまで…」北朝鮮が日本政府を非難

「天真らんまんな子どもにまで…」北朝鮮が日本政府を非難

2014年の国際児童節に平壌愛育院を訪れた金正恩氏(画像:労働新聞キャプチャー)

北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は29日、日本政府が10月からの幼児教育・保育支援制度の無償化で朝鮮学校の幼稚班を除こうとしていることを非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は「日本当局が天真らんまんな子どもを対象にこのような行為をためらっていないのは、長い歳月持続している悪らつな対朝鮮敵視政策の延長として、総聯(在日本朝鮮人総連合会)の民主的民族教育と在日同胞社会の民族性を根底から抹殺しようとする腹黒い下心の発露である」と主張。

続けて「特に看過できないのは、日本当局が口先ではわれわれとの『条件のない対話』をけん伝しながらも、総聯と在日同胞の民族教育問題を自分らの卑劣な政治目的の実現のための手段としてこれにやっきになって執着していることである」などと述べた。

関連記事(外部サイト)