「親日売国が体質化した逆賊の群」GSOMIA破棄巡り北朝鮮

「親日売国が体質化した逆賊の群」GSOMIA破棄巡り北朝鮮

自由韓国党のナ・ギョンウォン院内代表(2014年の選挙ポスター)

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は5日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄するとした韓国政府の決定に対し、野党・自由韓国党などから反対論が出ていることを非難する論評を掲載した。

論評は「GSOMIAの破棄は、日本の破廉恥な過去犯罪に対する賠償の回避と横暴非道な経済侵略行為に憤激して反日抗戦に立ち上がった南朝鮮の民心の反映であり、最も正当なことである」と主張。

続けて「にもかかわらず、千年来の敵である日本に対しては抗弁一言も言えず、かえって敵国をひいきしながら当然な決定を取り消せと言い散らす保守一味の妄動は、親日売国が体質化した逆賊の群れの醜悪な本態をはっきりと示している」と非難した。

関連記事(外部サイト)