「台風の復旧作業、電撃的に」北朝鮮党機関紙が強調

「台風の復旧作業、電撃的に」北朝鮮党機関紙が強調

台風13号の襲来に備え、朝鮮労働党中央軍事委員会の非常拡大会議を指導する金正恩氏(2019年9月7日付朝鮮中央通信)

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は11日付の社説で、台風13号による被害復旧を早期に終えることを呼びかけた。朝鮮中央通信が伝えた。

社説は、「台風の被害復旧作業を電撃的に推し進めて被災地の住民の生活を一日も早く安定させ、国家経済発展5カ年戦略目標の遂行においてかなめの今年を勝利と成果で輝かそうとするのは朝鮮労働党の確固たる意志である」と表明。

さらに、「台風の被害復旧作業が単に自然災害を克服するための実務的事業ではなく、党の尊厳死守戦、権威防衛戦であり、一心団結擁護戦であることを骨に刻んで取り掛からなければならない」と強調した。

関連記事(外部サイト)