「自衛的軍事力を強化」北朝鮮、SLBMを試射

「自衛的軍事力を強化」北朝鮮、SLBMを試射

北朝鮮が2日に発射した潜水艦発射弾道ミサイル・北極星3型(2019年10月3日付朝鮮中央通信)

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は3日、同国の国防科学院が2日に行われた新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3」型の試射に成功したと報じた。金正恩氏の現場視察はなかったもようだ。

同通信によると、新型ミサイルは「高角発射方式」で発射された。ミサイルを通常の軌道より高く打ち上げる「ロフテッド軌道」を意味すると思われる。

韓国軍合同参謀本部によると、ミサイルの最大到達高度は910キロで、飛行距離は450キロだった。

同通信は、「敬愛する最高指導者金正恩同志は、朝鮮労働党中央委員会を代表して試射に参加した国防科学研究単位に熱烈な祝賀を送った」と述べた。

また、試射の成功について「朝鮮に対する外部勢力の脅威を抑止し、国の自衛的軍事力をより一層強化する上で新たな局面を開いた重大な成果となる」と強調した。

関連記事(外部サイト)