金正恩氏に習氏が祝電…中朝国交70周年に際して

金正恩氏に習氏が祝電…中朝国交70周年に際して

国交70年 正恩氏に習氏祝電

金正恩氏に習氏が祝電…中朝国交70周年に際して

金正恩氏と習近平氏(2018年6月20日付朝鮮中央通信より)

北朝鮮の金正恩党委員長に中国の習近平国家主席から6日、国交樹立70周年に際して祝電が寄せられた。朝鮮中央通信が報じた。

祝電は、「朝鮮は、新しい中国と一番先に外交関係を結んだ国の中の一つである」とし、「中朝関係を立派に守り、立派に強固にし、立派に発展させるのは、中国党と政府の終始一貫で確固不動の方針である」とした。

また、「昨年以来、私は委員長同志と5回にわたって対面して一連の重要な共同認識を成し遂げたし、共同で中朝関係を導いて新しい歴史的時期に入るようにした」とこれまでの中朝首脳会談の成果を誇示。

そのうえで、「中国側は、朝鮮側と手を取って努力して外交関係設定70周年を契機に中朝関係の長期的かつ健全で、安定的な発展を促すことで、両国と両国人民により多くの福利を与える用意がある」と述べた。

関連記事(外部サイト)