金正恩氏、北朝鮮北部の農場などを現地指導

金正恩氏、北朝鮮北部の農場などを現地指導

農場と育苗場の建設場を現地指導した金正恩氏(2019年10月18日付朝鮮中央通信)

北朝鮮の金正恩党委員長が咸鏡北道(ハムギョンブクト)鏡城(キョンソン)郡仲坪(チョンピョン)野菜温室農場と育苗場の建設場を現地で指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が18日、報じた。

同通信によると、金正恩氏は展望台に上がり、育苗場や温室農場、住宅、学校などの施設が建設されたと述べながら、「無から有を創造するというのがまさにこんなことに対して言う言葉だ」と喜んだという。

また、「全国的範囲で温室農場を近代的に実利が得られるように建設する事業を引き続き促して人民の食生活をさらに向上させなければならない」と語った。

現地指導には、朝鮮労働党中央委員会の幹部である趙甬元(チョ・ヨンウォン)、金与正(キム・ヨジョン)、リ・ジョンナム、劉進(リュ・ジン)、パク・ソンチョル、ホン・ヨンソン、玄松月(ヒョン・ソンウォル)の各氏と国務委員会の馬園春(マ・ウォンチュン)局長が同行した。

関連記事(外部サイト)