「世界に向けて高く飛躍できる」北朝鮮紙、労働党の成果を自賛

「世界に向けて高く飛躍できる」北朝鮮紙、労働党の成果を自賛

労働党中央軍事委員会拡大会議を指導した金正恩氏(2018年5月18日付朝鮮中央通信より)

北朝鮮の朝鮮労働機関紙・労働新聞は3日、朝鮮労働党の指導によって経済発展と国民の生活向上を促したと主張する署名入りの論説を掲載した。朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「近年、朝鮮労働党の指導の下で社会主義強国建設の全域で飛躍的革新の炎が激しく燃え上がり、国の経済発展と人民の生活向上を積極的に促す意味あって大事な前進が遂げられた」と述べた。

また、「百戦百勝の朝鮮労働党の賢明な指導があり、チュチェ思想でしっかり武装した科学技術人材大軍と英雄的人民があり、自立経済の強固な土台と発展潜在力があるがゆえに、全ての部門で世界を圧倒するためのこんにちの大進軍は勝利が確固と約束されている」と強調した。

関連記事(外部サイト)