「重大な政治的挑発として全面排撃」北朝鮮外務省、テロ支援国指定に反発

「重大な政治的挑発として全面排撃」北朝鮮外務省、テロ支援国指定に反発

金正恩(キム・ジョンウン)氏

北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は5日、朝鮮中央通信の質問に答える形で、米国が北朝鮮をテロ支援国家に指定したことを非難した。

米国務省は1日、「2018年の国別テロ報告書」を発表。報告書は北朝鮮をテロ支援国として記載した。

報道官はこれに対し、「あらゆる虚偽とねつ造で一貫した米国の『2018年国別テロ報告書』をわれわれに対する重大な政治的挑発として糾弾し、全面排撃する」と強調した。

また、「朝米対話が膠着状態になった今のような敏感な時期に、米国が『テロ支援国』のレッテルを引き続き張り付けようとしつこく策動していることこそ、対話の相手であるわれわれに対する冒とくであり、背信である」と主張した。

そのうえで、「米国のこのような態度と立場によって、朝米対話の窓口はますます狭くなっている」と、警告した。

関連記事(外部サイト)