金正恩氏「超大型ロケット砲」試射を参観

金正恩氏「超大型ロケット砲」試射を参観

超大型ロケット砲試射を参観した金正恩氏(2019年11月29日付朝鮮中央通信より)

北朝鮮の金正恩党委員長が、同国の国防科学院が行った「超大型ロケット砲」の試射を参観した。朝鮮中央通信が29日付で伝えた。

日時は不明だが、28日に平安南道(ピョンアンナムド)付近から朝鮮半島東側の海上に向けて発射された弾道ミサイル2発の試射を金正恩氏は参観したとみられる。北朝鮮は、先月31日にも超大型ロケット砲の試射を行い、成功したと同国メディアは報じた。

金正恩氏は今回の試射の結果に満足の意を表したと同通信は伝えた。

発射場では朝鮮労働党中央委員会の李炳哲(リ・ビョンチョル)第1副部長、金正植(キム・ジョンシク)副部長、張昌河(チャン・チャンハ)、全日好(チョン・イルホ)の両氏をはじめとする国防科学研究部門の幹部が迎え、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の朴正天(パク・チョンチョン)総参謀長らがミサイルの試射を参観した。

関連記事(外部サイト)