ウィキリークス創設者アサンジ氏が暴露した「米国の戦争犯罪」が凄まじすぎる

ウィキリークス創設者アサンジ氏が暴露した「米国の戦争犯罪」が凄まじすぎる

ウィキリークスのツイッターでは、アサンジ氏逮捕を懸念する書き込みが殺到している

◆米国機密情報70万件以上をウィキリークス上に公開

 4月11日に英国ロンドンで逮捕された、内部告発サイト「ウィキリークス」創設者ジュリアン・アサンジ氏。同氏は2010年に性的暴行容疑(本人は否認)で逮捕され、保釈中にエクアドルに亡命申請し、同国大使館に2012年8月から籠城していた。

 今回の逮捕について、ロンドン警視庁は「定められた裁判所への出頭を怠ったため」と説明するが、米国司法省はアサンジ氏が政府の機密情報への不正アクセスに関与したとして同氏を起訴した。英国に引き渡しを求めている。

 アサンジ氏は2010年、陸軍情報分析官(当時)のブラッドリー・マニング氏(*)が得た、対テロ戦争関連の米軍機密情報70万件以上をウィキリークス上に公開。米国政府関係者らを激怒させた。

(*)マニング氏はトランス・ジェンダーで、その後性別を男性から女性に変更。名前もブラッドリーからチェルシーに改名。

 とりわけ、イラク首都バグダッドで米軍の攻撃ヘリがロイターの記者ら一般市民を銃撃して殺害した映像の流出は、米国防総省に強い衝撃を与えた。本記事では、ウィキリークスが暴露した膨大なイラク戦争関連の機密情報の中から特筆すべきものを取り上げる。

◆米軍ヘリによる、ロイター通信記者らの殺害

 米軍の攻撃ヘリ「AH-64 アパッチ」による攻撃で、ロイター通信の記者であるサイード・チャマグ氏(享年40歳)、ナミール・ヌール・エルディーン氏(享年22歳)らが殺害されたのは2007年7月12日のことだ。

 バグダッド東部での掃討作戦中、米軍の攻撃ヘリのパイロットは住宅街を歩いているサイード氏、ナミール氏ら20人ほどのグループを発見。このグループのうち、2名ほどが自動小銃のようなものを持っていたことや、パイロットがサイード氏のカメラの望遠レンズをRPG(対戦車ロケット弾)と誤認したことから、丸腰の者も含めて30mm機関砲弾で掃射した。

 ナミール氏は必死に逃げようとしたが、撃たれて死亡した。さらに、負傷して地面を這いずっていたサイード氏、彼を助けようとワゴン車で駆けつけた人々も攻撃を受け殺害されてしまった。国際人道法では、負傷者は戦闘員とはみなされず、敵味方関係なく保護するべきと定められている。

 米軍の攻撃ヘリのパイロットがサイード氏を反米武装勢力メンバーだと誤認していたとしても、負傷者や救護者を攻撃した行為は、戦争犯罪とみなされ得る。実際、中東衛星テレビ局「アルジャジーラ」にコメントを求められた国際人道法の専門家は「戦争犯罪にあたる可能性が高い」と指摘した。

 サイード氏とナミール氏が殺害されたことについて、ロイター通信は米軍に記録映像を開示するよう要求したが、米軍は開示を拒否していた。だが、ウィキリークスが前述のマニング氏から提供された映像を2010年4月に公開。米国を含む各国のメディアから米軍への批判が殺到した。

◆米軍がイラク警察・軍による拷問・殺害を放置

 ウィキリークスによって暴露されたイラク戦争関連文書については、各国のメディアが共同で分析を行った。そうしたメディアの一つ、英紙『ガーディアン』は、ウィキリークスが暴露したイラク戦争関連の文書をもとに「米軍は、イラクの警察や兵士による虐待や拷問、レイプ、殺人に関する何百という報告を放置した」として、関連記事をいくつも配信している。

 2010年10月22日付の同紙記事によれば、2009年12月23日付の米軍公電の中で、「イラク軍の将校に捕虜を虐待し、殺害した映像を見せられた」との記述があるという。

 その映像には、イラク軍兵士らが捕虜を殴るなどの暴行を加え、銃殺する一部始終が記録されていた。だが、米軍を中心とする在イラク多国籍軍の返答は「調査の必要なし」というものだったのだ。

◆米軍が残虐な拷問を行う「オオカミ旅団」に引き渡した

 米軍がイラク警察・軍による深刻な人権侵害を放置しただけではなく、加担したことをうかがわせる記述もある。

『ガーディアン』紙は2010年10月24日付の記事の中で、米軍公電の2004年11月29日、同30日の記述に、「さらなる取り調べのため」に捕虜をオオカミ旅団に引き渡した、との記述があることを指摘した。

 また2015年12月14日付の米軍公電には「幹部将校が被拘束者に対し、『お前はもう家族と会うことはないだろう。お前はオオカミ旅団に引き渡される』と脅した」とも書かれている。

「オオカミ旅団」とは、イラク戦争によるサダム・フセイン政権の崩壊後、米軍が新たにイラク人民兵らをもとに組織、訓練した内務省管轄の治安部隊で、その残虐性から「オオカミ旅団に拘束されるくらいなら、米軍に拘束された方がマシ」と恐れられていた。

 筆者が取材した現地人権団体関係者は「ドリルで人体に穴を開け、強酸を流し込む」という身の毛もよだつ拷問を繰り返したあげく、「非拘束者を殺害する」とその蛮行を訴えていた。

 ウィキリークスが暴露した文書でも「手首を縛り上げて宙吊りにした状態で、非拘束者を殴り続ける」「野党政治家を誘拐して、大金を請求する」などの記述があった。しかも、これらの報告について当時の駐イラク米国大使だったザルメイ・ハリルザド氏は「批難されるべきことだが、イラクでの政治運動や人々の自由な選択を阻むものではない」とコメントしている(2005年12月12日米軍公電)。

 イラク警察や軍による一般市民の不当拘束や拷問・殺害などの人権侵害の横行は、イラク政府に対する人々の反感を招き、その後IS(いわゆる「イスラム国」)が急速にイラクで勢力を拡大した要因にもなった。

◆700人近くの市民を米軍検問所で殺害、過小報告も

 暴露された文書をもとに、アルジャジーラは2010年10月24日付で「2004年から2010年にかけて、約680人のイラクの民間人が米軍及びイラク軍の検問所で銃殺され、約2000人が負傷した」と報じた。

 当時、イラク各地に展開していた米軍は、無数の検問所を道路上などに設置。通行する人々の身分照会や武器や爆発物を所持していないかを確認していた。

 だが、米軍兵士やイラク軍兵士が常駐する検問所は武装勢力による攻撃の対象となりやすかったため、米軍側の過剰防衛による民間人銃撃が相次いだ。

 前述のアルジャジーラの報道によれば、車で病院に向かう妊婦やその家族が銃撃され殺されたというケースが何件もあるという。また米軍が公に発表していた、検問所での民間人銃撃事件の件数は、ウィキリークスが暴露した文書での報告に比べ、3割強も過小報告されていたのだという。

◆米軍による一家惨殺事件の文書をリーク、イラク撤退につながった!?

 ウィキリークスは、イラク中部イシャキ村で、2006年3月に女性や幼い子どもたちも含む民間人を米軍兵士らが虐殺した件で、国連の超法規的処刑に関する特別報告者フィリップ・アルストン氏と、米国の国務省とのやり取りを2011年8月に暴露した。

 当初、米軍の広報官は「アルカイダの構成員が民家に潜伏しており、激しい戦闘の後、彼らを拘束した」と発表していた。

 だが、アルストン氏は米国側とのやり取りの中で、実際には、少なくとも民間人10人が殺され、そのうち4人が女性であったこと、5人が5歳以下の子どもであったこと、さらに全員の遺体は手錠をかけられ頭を撃たれていたことを指摘していた。

 本件の暴露は、ちょうどイラク政府と米軍の地位協定についての協議の最中に行われた。ウィキリークスは「我々の暴露により、イラク側は米軍に免責特権を与えることを拒絶し、2012年の米軍イラク撤退につながった」とそのウェブサイト上で自負した。

◆イギリスのイラク戦争検証で「米国の利益を守るための措置」!?

 ウィキリークスは2010年11月、米国とイギリスとの外交文書を暴露した。

 2009年9月22日付の文書によると、当時イギリスで行われていた、イラク戦争への英国の参戦を調査する独立調査委員会(チルコット委員会)について、英国防省のジョン・デイ安全保障政策担当局長は「米国の利益を守るための措置を講じている」と米国のエレン・タウシャー国務次官に伝えたのだという。

 イギリス側の「措置」が何を示すかは文書には書かれていなかったが、チルコット委員会の報告書は、2009年の検証開始からその公開に7年もの年月を要した。

 大幅に公開が遅れたのは、イラク戦争開戦時前後の英国ブレア政権と米国ブッシュ政権とのやり取りについての情報開示をめぐり、チルコット委員会とイギリス政府の対立があったとされる。

 約6000ページの検証報告書は2016年7月に公開され、「軍事行動は最終手段ではなかった」と、ブレア政権のイラク戦争参戦を厳しく批判した。

◆米軍の砲撃で死亡した、スペイン人記者の遺族による起訴を妨害!?

 またウィキリークスは、当時のエドアルド・アギーレ在スペイン米国大使が、スペイン政府当局や検察に送った2007年5月14日付の外交文書を公開した。

 これは、2003年4月にイラク戦争で米軍戦車の砲撃によりスペイン人記者ホセ・コソ氏が死亡した件について、米軍兵士3人を起訴させないよう圧力をかけていたというもの。

 コソ氏は当時、各国記者が拠点としていたバグダッドのパレスチナホテルにいたところ、同ホテルをバグダッドに侵攻してきた米軍の戦車が砲撃。コソ氏は死亡した。

 コソ氏の遺族は、砲撃を行った米軍兵士らを戦争犯罪者として起訴することを求めたものの、遺族の主張はなかなか認められなかった。遺族たちの責任追及を求める活動は、現在も続いている。

◆アサンジ氏側は米国での死刑を懸念

 アサンジ氏の弁護士ジェニファー・ロビンソン氏によれば、現在、アサンジ氏は同氏がイラク戦争の機密情報や外交公電を大量に漏洩させた、チェルシー・マニング氏と共謀したという容疑で起訴されているのだという。

 また、米国当局は「アサンジ氏が、2016年大統領選へのロシア政府の介入を支援した」との疑いも追及する構えだ。アサンジ氏側は米国に引き渡された場合、最悪の結果として死刑に処せられることを懸念している。

 国際的なジャーナリスト団体「国境なき記者団」は、「表現の自由の原則と、ジャーナリズムの情報源を含むジャーナリズムの役割の保護の原則をアサンジの扱いにおいて優先させるよう求める」との声明を発表。イギリス政府は「アサンジ氏を米国に引き渡すべきではない」と主張している。

<文/志葉玲(ジャーナリスト)>

関連記事(外部サイト)