スペインの左派ポピュリズム政党PODEMOS、チャベスからの資金提供が発覚して炎上。総選挙でも議席を失う

スペインの左派ポピュリズム政党PODEMOS、チャベスからの資金提供が発覚して炎上。総選挙でも議席を失う

PODEMOS創始者の一人、パブロ・イグレシアス。(PODEMOSのFacebookページより)

 4月28日に行われたスペインの総選挙で、ポピュリズム左派政党ポデーモス(Podemos)は29議席を失い、第4位となった。

 その背景には、選挙に先立ち。同党がベネズエラのウーゴ・チャベス前大統領から同党の設立資金として7,168,090ユーロ(9億3200万円)が提供されていたことを証明する録音の内容が明るみになって現在スペインのメディアで話題になっていたことが少なからず影響していたと思われる。(参照:「El Confidencial」)

 チャベスが資金提供した目的は、スペインでボリバル革命を喧伝し推進するための政党づくりであった。

◆2016年から囁かれていた噂

 チャベスが大統領の時に財務相を務めたラファエル・イセアがこの資金を提供したことを証明する書類に記載されているチャベス大統領と彼の署名が正真正銘であることを明らかにしたのである。が、その過程が彼と会見したスペイン国家警察官によって盗聴され、その録音内容が4月3日に電子紙『Moncloa.com』が他紙に先駆けて報じたのである。それは同時に電子紙『El Confidencial』の手にも渡っていた。

 政党ポデーモスは2014年3月に設立されたが、その資金がベネズエラから出ていたという噂は2016年からあった。2017年11月のスペインの上院調査委員会に同党創設者のひとりファン・カルロス・モネデロが召喚されて、その時与党だった国民党のルイス・アズナール上院議員からこの事実を証明する核心をついた質問をモネデロは受けた。モネデロは勿論それを全面否定した。

 ところが、今月になってその事実を明らかにする録音内容が冒頭で触れたように公にされたのである。その録音内容によると、2016年4月と5月にスペインから3人の国家警察官がニューヨークのスペイン領事館でチャベスが大統領の時にベネズエラの財務相だったラファエル・イセアと会見して冒頭で触れた資金が2008年にCEPS基金に支払われていたことがイセアによって確認されたのである。

 イセア元財務相はチャベスから最も信頼された人物のひとりであったが、マドゥロ大統領の政権になると彼への信頼は崩れ、遂に彼は米国に亡命して米国麻薬取締局(DEA)の証人としてマドゥロ政権が麻薬の密売を行っていることを摘発するためにDEAに協力していた。だから、スペインの3人の国家警察官は亡命したイセアが在住しているニューヨークで会見したというわけである。(参照:「OK Diario」)

◆法改正前なので外国からの献金も違法ではないが……

 イセアがCEPS基金に支払った理由は、この基金がラテンアメリカの左派政権に政治、経済、法律などについてアドバイスするコンサルタント組織として存在し、ポデーモスの創設者であるパブロ・イグレシアス(ポデーモス党首)、ファン・カルロス・モネデロ、イニィゴ・エレホンらがこの基金を介してチャベス政権のアドバイザーとして活動していたからであった。チャベスよりCEPS基金が受け取った資金をイグレシアスらがポデーモスの設立資金に充てたということなのである。

 2015年6月までスペインの政党は外国の政府や企業からの献金を受け取ることは禁止されていた。しかし、仮に献金を受けても犯罪として問われることはなかった。しかし、同年7月から刑法の改正があり、政党の幹部が外国の政党や企業から10万ユーロ(1300万円)以上の献金を受けると懲役最高4年の刑が科せられることになったのである。ポデーモスの幹部のこの716万ユーロの献金はこの刑法改正前だったので犯罪にはならない。

 しかし、スペインの財政経済犯罪班(UDEF)が動いたのは彼ら幹部がそれを受領した年度の所得申告に加えていたかどうかという疑いについて調査を始めたのである。(参照:「El Confidencial」)

◆「炎上」の背後にポデーモス潰しの策略

 では、なぜスペインからわざわざ警察官をニューヨークにまで派遣してポデーモスの設立資金の出どころを調査する必要があったのかという疑問が湧く。彼らを派遣することを決めたのは当時のスペイン内務相フォルヘ・フェルナンデス・ディアスであった。派遣の理由は、当時の政治情勢から2016年6月の総選挙でポデーモスが社会労働党を抜いて野党第一党になる可能性が出て来ていたからであった。ベネズエラのボリバル革命を推進しようとするポピュリズム政党が野党第一党になると国民党の選挙後の政権運営が非常に難しくなると同内務相は判断したようである。

 そこで国家警察が掴んでいた716万ユーロを送金したと証明する書類にある署名がチャベスとイセアの正真正銘のものあるかを確かめにニューヨークに赴いたのであった。そうであれば、それを裏からマスコミにその情報を流してポデーモスへの国民からの支持を減少させようと図ったのである。

 録音された内容からイセアは、当初その証拠書類の署名を彼本人のものか2016年4月の最初の会見では避けた。しかし、彼の家族がカラカスに在住してマドゥロ政権から抑圧されていることを懸念しているイセアに、警官は家族をアルゼンチン経由でスペインに亡命させてそれ以後偽名にして身元を分からないようにするということをイセアに提案するのであった。フェルナンデス・ディアス内務相もそれを了解しており、彼からラホイ首相にもそれが伝えられていると言及したのであった。

 最初の会見からひと月経過した5月の2回目の会見でイセアは証拠書類にある彼の署名とチャベスの署名が正真正銘のものであると実証したのであった。また、今年4月4日のテレビ番組『Al Rojo Vivo』でのインタビューでもイセアはそれを実証したのであった。(参照:「El Confidencial」、「Moncloa.com」)

◆ポデーモスの今後に立ち込める暗雲

 当の2016年の選挙結果は国民党の勝利であったが、野党の社会労働党の540万票(85議席)に対し、ポデーモスは連携政党を加えて500万票(71議席)を獲得するという僅差となったのであった。(参照:「El Pais」)

 国民党は137議席で過半数の176議席からは程遠い議席数となったが政権を維持することができた。しかし、そのあとこの選挙結果が昨年の内閣不信任案を可決させて社会労働党のサンチェス党首が首相になる要因を作った。勿論、この内閣不信任案にポデーモスは賛成したのが政権交代の主因となった。

 しかし、4月28日の総選挙でポデーモスは71あった議席を29失い、42議席となった。逆に、極右のVOXが初の議席獲得となり大きく躍進するという結果になった。

 この背景には、本記事で報じた事実と、反体制主義で社会で恵まれない人たちの味方を政策を掲げて躍進したにもかかわらず、創設者の一人で委員長のパブロ・イグレシアスは1年程前に富裕者が住んでいる別荘地に高級住宅を購入したことが明らかになったことなども少なからず影を落としているだろう。(参照:「The Guardian」)

 彼が高級住宅を購入した時に離党した議員も僅かだがいた。しかし、このとき、多くの議員は彼の行為に内心反対しながらも議席欲しさに黙っているという方を選んだようだ。しかし、議席を減らし閣外協力をしていた社会労働党との連立も過半数を切る結果となった今、同党の行方に暗雲が立ち込めていることは想像に難くない。

<文/白石和幸>

しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身

関連記事(外部サイト)