タイ人に人気の「上野」。インバウンド獲得のための地道なPR戦略

タイ人に人気の「上野」。インバウンド獲得のための地道なPR戦略

競り市みたいなPRをするブースもあるなど、TITFはちょっとした祭りだ

◆タイ人の旅行先選定の決め手にもなるタイ最大の旅行フェア

 タイの日本観光人気は相変わらず衰えを知らず、日本の観光業界もタイ人誘致にかなり力を入れている。特にその舞台になるのが、タイ最大の旅行フェアとされる「Thai International Travel Fair(タイ国際旅行博)」(TITF)である。

 TITFは「タイ旅行業協会」が主催する旅行博覧会で、毎年2回、2月と7月もしくは8月にタイの首都バンコクで開催される。参加企業は旅行代理店のほか、ホテル、航空会社、さらには小売業者まであり、毎回来場者だけでなく参加企業にとっても大きなイベントになる。自社商品や観光地を紹介するだけでなく、一般消費者に向けた旅行関連商品の即売会という側面も強いイベントで、来場するタイ人も旅行に行く期間と予算だけは決めているが、どこに行くかはここで決めるつもりで来場している人が多い。会場に来ているということは高確率でお金を落としてくれる客というのが明白なのもまた出展者のメリットになる。

◆タイ人に人気の上野にあるホテルも出展

 2019年の最初の開催は、バンコク中心地にある「クイーンシリキット・ナショナル・コンベンションセンター」の第24回TITFだった。ここには「日本旅行ブームに湧くタイ。もっとも人気なスポットは「上野」の何故?」で紹介した、東京・上野にあるタイ人に人気の宿「上野NEW伊豆ホテル」も初めて参加しており、密着取材をさせてもらった。現在も同ホテルはタイ人宿泊客が90%以上を占めるので、タイ人誘致は商売の要である。これまではタイ人の口コミに頼る受動的なビジネスだったが、今年は能動的にタイ人にPRしようと、自らタイに乗り込んできた。

 今回「上野NEW伊豆ホテル」の代表として来たのは創業者の孫にあたる河野明子さんだ。タイ人は会社員であっても自由に有休を取得するため、どのシーズンでも気ままに旅行する。ホテルも常にタイ人が多く忙しいが、その合間を縫ってバンコクに来た。今回はタイ人誘致が大きな目的ではあるが、経営者本人の目でタイの様子を確認し、それを誘致や運営計画に取り入れるつもりもあった。PRの手法はタイ語のチラシを配り、タイ人の利用者が多い「Facebook」のファンページを駆使して「上野NEW伊豆ホテル」の名前をさらに知ってもらうというわけだ。

「上野NEW伊豆ホテル」が立ったブースは実際には独自で借りたものではなく、交通やホテルを専門にインバウンド・プロモーションを行う「株式会社オーエイチ」のブースに間借りする形だ。同社の海外プロモーションを担当する杉山裕美さんが中心となり、数社で参加し、効率よくプロモーションを行った。

◆小規模ホテルでも攻めの集客の時代

 初めての海外PRでは確かに不安が多い。そのため、このように各社が協力し合って活動をすることはよくある。飲食関係の博覧会の場合は日本政府がブースを押さえたり、資本力のある大きな飲食関連企業が借りたブースで参加するということがよくあるのだ。

「株式会社オーエイチ」は「Corritrip」といった、新宿や渋谷から草津温泉、奥飛騨などへの高速バスのツアーを中心にしたサイトのPRを行った。2013年に日本の観光ビザがタイ人に対して緩和されて6年。以前の記事「タイ人の間で高まる「日本旅行」熱。所得向上で楽しみ方も変化」で紹介しているように、タイ人は団体旅行ではなく個人旅行にシフトしつつあるので、今まさにこういった安い移動手段を探しているのだ。バンコクはタクシーが初乗りで120円程度、路線バスも30円弱なので、タイ人には日本の乗り物が高いと感じる。そんな中で、タイ人が日本で見たい「雪」、「桜」、「温泉」、「田舎」に安く行ける手段の提案はタイ人のニーズにぴったりだ。

「上野NEW伊豆ホテル」のある上野はタイ人にとって好ましい場所にある。タイからの路線が多い成田空港、羽田空港双方からのアクセスもよく、さらに東京見物をするにも立地がいい。また、なによりもタイ人が注目しているショッピングスポットである「アメ横」も至近である。その点を「上野NEW伊豆ホテル」はチラシの中でも強調した。

◆あの上野のディスカウントストアも参戦

 そんなチラシは御徒町にあるディスカウントストア「多慶屋(たけや)」のブースにも置かれていた。「上野NEW伊豆ホテル」とご近所ということもあって協力が得られたわけだが、今回は旅行博でありながらリテール関係の注目度も高かった。

 特にこの「多慶屋」は日本のディスカウントストアの草分けであるだけでなく、いち早く外国人顧客の取り込みに取り組んできた。今では東京のリテール大手は英語、中国語、韓国語のほかにタイ語も看板などに入れるようになっているが、この「多慶屋」はその対応がどこよりも早かった。その効果もあってか、上野を歩くタイ人観光客にこのエリアに来た目的を尋ねると、ほとんどの人が「多慶屋」を目当てにしていたほどである。

◆ブースごとに差があった注目度

 そんな2月のTITFだが、PRに参加していた日本人の何人かは「前回と比較して来場者数が少ない」という声があった。前回というのはおそらく2018年の8月ではなく、2018年の2月を指していると見る。

 ただ、TITF運営側の発表では第24回の来場者数は例年とあまり変わらない、のべ約45万人となっている。2018年8月の第23回は参加者22.5万人、その前の22回目は約45万人だ。タイの場合、学校の夏休みが3月から5月上旬までなので、2月の方が多くなるのは当然の結果であるとしても、実は1年前の第22回と今回の第24回はあまり変わっていない。

 むしろ参加企業が第22回は1200ブースが埋まっていたのに対し、24回目は1020ブースに過ぎない。開催期間中の売り上げも22回24回共に5億バーツ(約18億円)で、平均単価としては24回開催の方が上回っていることになる。確かに2011年や2012年は12億、13億バーツの売り上げがあったようだが、近年はこの水準でむしろ悪い方ではない。

 こういった意見が出たのは、ブースの中には日本の自治体も多く参加し、しかし民間企業でないからか誘致の手法があまりうまくないという印象もあったかもしれない。また、タイでも日本の大手旅行業者「H.I.S.」などが強いので、この機会に安く旅行をしようというタイ人たちが殺到してしまい、ほかのブースに来場者が集まりにくかったというのもあったのかもしれない。

◆インバウンド業界も「お客を待ってる時代」ではない

 ただ、日本旅行関係はいまだ人気なのでまだいい方だ。実際に会場を歩いてみると、韓国などほかの国々も人気とはいえ、日本のブースへの来場者数に比べたら精彩を欠いていたと言わざるを得ない。

「上野NEW伊豆ホテル」や「株式会社オーエイチ」のブースは近隣のブースと比較しても足を止めて展示物の質問をするタイ人が多かった。これからTITFに参加した効果が大きく出ることだろう。日本の観光業界は国内で暢気に外国人が来るのを待っている時代ではない。2月のTITFの活気を見てそう感じた。

<取材・文・撮影/高田胤臣(Twitter ID:@NatureNENEAM)>

たかだたねおみ●タイ在住のライター。近著『バンコクアソビ』(イースト・プレス)

関連記事(外部サイト)