「アジア主要国では韓国大統領より日本の外相のほうが格上は常識」? 勝手な嫌韓プロパガンダに他国の名を使うな

「アジア主要国では韓国大統領より日本の外相のほうが格上は常識」? 勝手な嫌韓プロパガンダに他国の名を使うな

韓国側から批判された21日の外相会見 外務省YouTubeチャンネルより

◆日韓の軋轢で気になったある政治評論家の言葉

 5月22日付けの韓国各紙が、河野太郎外相が会見で徴用工問題について「文在寅大統領に責任を持って対応してほしい」と述べたことに対して、無礼だとして批判的な報道を行った(参照:文大統領への対応要求「無礼」=河野外相発言を批判−韓国紙−−時事通信)

 この報道に関して、Twitterのある投稿が目に留まった。

”河野外相の発言が韓国大統領に対し「無礼」とされている問題について、タイから報道によると、「先進国やアジア主要国では、韓国大統領より日本の外相の方が格上というのは常識。国際社会の立ち位置、信用度は天地の差」。日本は謙虚な国だからこういうことは自らは言わないが、世界はそう見ている。” −−加藤清隆(政治評論家)のTwitterより

 この加藤清隆なる御仁、調べてみれば元時事通信特別解説委員で、いまはフリーで政治評論家をしているという立派な肩書の人物だ。

 しかし、タイ在住で親族もタイ人がいる筆者は一点、違和感を抱いた。

 そんな「タイからの報道」はあったのだろうか??

◆タイに「嫌韓」的風潮はあるのか?

 タイも日本同様にネットやSNSの発達で情報が氾濫しているので、筆者も見落としているかもしれないが、タイ語で検索しても、日本の外相の発言に関する報道は見当たらない。「タイから報道によると」とあるが、一体どの報道機関、あるいは記者が発言したのだろうか。

 タイもかつてほどK-POPや韓流ドラマなどの人気がなくなってはいるものの、日本で言う「嫌韓」という風潮は一寸もないと言っていい。

 一般的なタイ人を見ても、韓国が日本を嫌っているとか、その逆もあるとか、そういうことすら知る人はほとんどいないと言っても過言ではない。というのは、韓国人も日本人も腹の底ではどう思っているかはあるにしても、あらゆる人種が集まるタイでは韓国人と日本人は敵対しているわけではなく、個人間では友好的な関係を構築しているからだ。そのため、タイ人から見れば、このふたつの国同士も関係性は良好と思うだろう。

「隣国同士の関係性が微妙」というのは世界中でよくある話で、タイであれば、たとえばタイ人はカンボジア人をやや見下している節がある。しかし、そのことは日本では一般的な常識であるとは言えないだろう。要するに、韓国と日本の関係だって、タイからすればどうでもいいわけで、そんな国がわざわざ日本が上、韓国が下といった報道をするだろうか、という疑問が出てくる。

◆タイ・メディアが韓国を批判するときは?

 確かに、ときにタイ・メディアが韓国を批判するときはある。タイ国内で韓国人による犯罪が発生することもあり、それが韓国批判に繋がる場合もある。ただ、あくまでも政府の方針ではなく、メディアが一時的に煽るような程度だ。

 それで言えば、日本も同じだ。先日のタイ国内に振り込め詐欺の拠点が摘発されるなど、日本人の犯罪も少なくない。最近はタイの女子バレー代表が強くなってきているのだが、2012年のロンドン・オリンピック予選で、日本が手抜きをして負けたことがタイ代表の敗退の原因として、日本八百長論がメディアを賑わせた。国際バレーボール連盟がそれを否定したが、一部のタイ人は日本人に対してかなり立腹していた時期もある。

 しかし、それも一時的なことだ。Twitterには「アジア主要国」とあるが、少なくともタイにおいては、韓国も日本も似たような国で、どちらが上とは見ていないと言っていい。

◆本当にそんな「タイのジャーナリスト」はいたのか?

 先の政治評論家の発言に戻ると、以下の部分も気になった。

”タイから報道によると、「先進国やアジア主要国では、韓国大統領より日本の外相の方が格上というのは常識。国際社会の立ち位置、信用度は天地の差」。”

 一体どんな報道機関、あるいはジャーナリストがその「常識」を語ったのか気になるところだ。

 上記の文章をそのまま検索にかけたところ、なんと唯一、ある日本語サイトが引っかかった。

 そのサイトによれば、”タイのジャーナリストが大笑いしている。韓国メディアは、河野外務大臣の文大統領への対応要求について「無礼」だと報じていることについてだ”と書き出しているが、そのタイのジャーナリストなる人物が何者でどこに所属しているかも書いていないどころか、「大笑いしている」以降はそのジャーナリストの発言ですらないのである。よしんば、その「タイのジャーナリスト」が実在していたとしても、タイ全体がそういう風潮であるという確かな報道というよりは、その「タイのジャーナリスト」の個人的見解だろう。そして、その記事の執筆者と「タイのジャーナリスト」の会話を記事にしたといったところだろう。

 その記事がフェイクニュースか否かはさておき、元時事通信特別解説委員だという肩書を持つ加藤氏は、そんなソースも不明な話を吹聴することに抵抗がないのかは疑問に思ってしまう。もっとも、ご本人は「大笑いしていたタイのジャーナリスト」を別ルートからご存知なのかもしれないが……。

◆勝手な「嫌韓」にタイを巻き込むな

 少なくとも、タイ政府が外国からの客に対して無礼なことはしない。先のように、タイ人はカンボジア人をやや下に見ているような印象があるものの、カンボジアの要人がタイに来れば、タイ政府はそれ相当の接客をする。国ごとに対応を分けるといったことはしない。

 実際に過去の画像で見ても、たとえば2018年7月に韓国のカン・ギョンファ外交部長官の訪問と、同月の佐渡島タイ駐箚全権特命大使の訪問を比較すると、プラユット・タイ首相は同じ軍服姿であるものの、決して韓国を下に扱っているようには見えない。

 タイ人は気質として、相手の地位を見抜き態度を変える一面が確かにある。タイと日本は2017年に修好130周年を迎えた。対して韓国は2018年に国交樹立60周年を迎えている。国の樹立時期が違うにしても、日本は倍の長さ、タイと良好な関係を結んでいるわけで、その関係性からすれば、タイ人、あるいはタイ政府が日本寄りであると見えることもあるかもしれない。

 しかし、相手の地位を見抜く力とは、すなわち役職などをしっかり見極め、誰が権力を持っているかを重要視することである。つまり、大統領と外務大臣というポジションなら、どちらが上であるか、タイ人はしっかりを見極めており、日本の外務大臣を韓国の大統領よりも上に扱うわけがない。「韓国大統領より日本の外相の方が格上というのは常識」とは一体どこの常識なのか。少なくともタイにそんな常識があるとは聞いたことはない。

 タイ観光・スポーツ省が発表した2018年のタイ観光客数は、国別では日本が165.6万人で過去最高の訪タイ人数になった。一方、韓国は179.7万人。これは1000万人超で国別第1位の中国、400万人超のマレーシアに続く第3位だ。日本はラオスの次、5番目に多い国である。韓国の人口は5000万人規模で、日本よりも少ないながら、訪タイ者数は多い。韓国とタイの関係も良好であることの証ではないだろうか。

 タイ在住の筆者からすれば、批判は自由だが、さして関係のないタイや東南アジアを、特に情報ソースもなく出してくるのはぜひともおやめいただきたい。『日本は謙虚な国だからこういうことは自らは言わないが、』というのであれば、関係のない第三国の名前を出してまで韓国を貶めるのでなく、日本や日本人の功績を正々堂々と誇っていってほしいものだ。

<取材・文・撮影/高田胤臣(Twitter ID:@NatureNENEAM)>

たかだたねおみ●タイ在住のライター。近著『バンコクアソビ』(イースト・プレス)

関連記事(外部サイト)