東南アジア出張者必見。ボッタクリタクシー天国フィリピンで「救世主」

東南アジア出張者必見。ボッタクリタクシー天国フィリピンで「救世主」

フィリピンの一般的なレギュラータクシー

◆ぼったくりタクシー天国での救世主!?

 東南アジア3大ぼったくりタクシー王国といえば、ベトナム、インドネシア、そして、フィリピン。

 出張や旅行者の悩みのタネだったこれら3大ぼったくりタクシー王国も含めてそれ以外のタイやカンボジアなどへの出張や旅行予定がある人に、そうした悩みから解決されるかもしれないアプリがある。

 それが、2012年にマレーシアのクアラルンプールで起業した「Grab(グラブ)」(現在の拠点はシンガポール)の配車サービスアプリだ。ぼったくりで不誠実なタクシーだらけの国ほど配車サービスアプリ「Grab(グラブ)」がまるで救世主のように光り輝いて見えてしまうだろう。

 グラブは、先日、ニューヨーク証券取引所へ上場した「ウーバー・テクノロジーズ」から2018年春に東南アジアエリアのでサービスを譲渡され吸収することでトップシェアに躍り出た。今月には、世界最大のホテル予約サイト「ホテルズドットコム」と提携し、ホテル予約サービスも始めることを発表するなどサービスを多角化させている。

 日本ではグラブが使用できないためピンとこない人も多いと思うが、前出の3大ぼったくりタクシー王国や、それ以外のタイやカンボジアなどへの出張や旅行予定がある人は出国前に入れておくと便利だ。

◆悪名高きボッタクリ天国、フィリピンで使ってみた

 フィリピンの首都マニラには、大多数を占めるレギュラータクシーと呼ばれる一般タクシー、定額料金で利用するクーポンタクシー、そして、車体が黄色のイエロータクシーの主に3種類のタクシーが走っている。料金はレギュラー、イエロー、クーポンの順で高くなる。

 マニラ空港や街中で「タクシー!」と声をかけてきたり、クラクションを鳴らして呼び込みをしているのは、ほぼ100%ぼったくりタクシーで、メーターを使わず言い値をふっかけてくる。イエロータクシーは、初乗りも加算料金も高い分、安心度は上がるがイエローでもぼったくり被害にあったという話はよく耳にする。先払いで利用するクーポンタクシーは、降車時にプラスで要求されたり、チップを求められることがあるものの、この中では不愉快な思いをする確率は低いタクシーとなる。

 平日の午前中、マニラ市内で用事を済ませてホテルまで3kmほどの近距離をレギュラータクシーを止めて行き先を告げると300ペソ(約630円)と即答されたので利用せず、代わりにグラブでマッチングしたところ80ペソ(約165円)で利用できた。5分ほどで到着の案内が入り、車種と車体ナンバーを頼りにすぐに見つけることができた。素晴らしい。

 ぼったくられたと言っても日本円でたかだが600円ほどである。しかし、金額以上にやるせない怒り、ガッカリ感に心が苛まれて精神的に疲弊してしまう。さらには、その国の心象も悪化するのでいいことは1つもない。

 別の日の午後8時過ぎに買い物をするためマニラ空港第2ターミナル近くからマニラ湾のリサール公園までをグラブで探すと249ペソ(約520円)とレギュラータクシーのメーターよりも安く行けた。

 グラブは時間帯などにより料金が変動するため行きと帰り、曜日によっても運賃が変動する。マニラはジャカルタと並ぶ絶望的な渋滞でも知られるので渋滞する時間帯は多少高くなる仕組みのようだ。そのためグラブで小まめに料金を確認してみるといい。変動具合がゲームのようで楽しい。

◆アプリがなくても手配してくれる

 移動中の車内で30代前半の男性ドライバーへ話と聞くと、お客は1日25人くらい。渋滞エリアへの利用者が多い日でも20人ほどを乗せる。利用する客は、日本人、中国人、韓国人、台湾人、マレーシア人、タイ人、もちろん、フィリピン人もいるらしく特にどこの国が多いというわけではなく国籍はバラバラのようだ。

 彼は元々はシステムエンジニアだったそうだが、グラブからの報酬が月給を越えたので、今はグラブの仕事中心へと切り替えたという。

 外国人にとってマニラのタクシーはストレスが貯まると愚痴をこぼすと、「中にはいいタクシーもあるんだけど…ね、フィリピン人でも夜間のタクシー利用は怖いことがある」と話す。

 グラブは、フィリピン政府の後押しがあるのか、マニラ空港の各ターミナルには緑と白抜きの目立つ看板でグラブ専用の停車場があり、そこでマッチングした車を待ったり、またはアプリをインストールしていなくても、日本の携帯番号を伝えるだけで常駐するスタッフが手配してくれる。完全にクポーンタクシー状態だ。スタッフに手配してもらった場合は、事前に料金を書いた紙を受け取り、現金での支払いとなる。手配料やチップは不要。

◆治安は改善しているフィリピン

 今月13日に行われたドゥテルテ大統領の信任を問う国政、地方選挙の結果、大統領支持派が勝利し、フィリピン国民はドゥテルテ政権の政策継続を支持したことになる。

 ドゥテルテ大統領のさまざまな負の側面はさておき、いち外国人として感じるのは、治安の目に見える改善。17年前、「リアル北斗の拳」と称されていた初フィリピンのときと比べても危険な目に巻き込まれるリスクはかなり減ったと思う。

 もし、今でも拳銃を使った強盗や殺人などが多発する治安状況のままであれば、一般人が運転するグラブタクシーを利用することはかなり勇気がいる選択となるだろう。

 フィリピン政府は、グラブの浸透とともに悪徳タクシーの撲滅、サービスレベルの底上げを狙っているのかもしれない。いずれにしても短期滞在者にとっては非常に歓迎すべき傾向だ。

<取材・文・撮影/我妻伊都(Twitter ID:@Ito_Wagatsuma)>

関連記事(外部サイト)