ベネズエラ、4・30クーデターはなぜ失敗したか。内情を知る人間が米紙に登場

ベネズエラ、4・30クーデターはなぜ失敗したか。内情を知る人間が米紙に登場

マドゥロ政権の諜報局局長インタビューを報じたワシントン・ポスト

◆4・30ベネズエラクーデターの内情を知る男

 4月30日に起きたベネズエラのマドゥロ大統領の解任を目指した軍事蜂起は失敗に終わったが、その真相を明らかに出来る人物がベネズエラを脱出して6月後半にコロンビア経由でワシントンに到着した。その人物とはベネズエラで厳しい拷問を科すことで良く知られ、誰もが恐れた内務司法省諜報局(SEBIN)の局長だったマヌエル・リカルド・クリストファー・フィゲラだ。

 そして、フィゲラがその真相を米紙ワショントン・ポストとの12時間に亘るインタビューで明らかにした。(参照:「ワシントン・ポスト」、「Infobae」)

 インタビューの内容を以下に要約する前に、フィゲラとは何者かということと、フィゲラに軍事蜂起が計画されていることを伝えたある人物がいたという2点を説明しておきたい。

◆ベネズエラで恐れられた諜報局局長、フィゲラ

1.フィゲラは軍事学校で軍事学を修学。チャベス前大統領の補佐役を12年間務めた人物で、ベネズエラにはSEBIN とは別に軍部が備えている国軍諜報局(DGCIM)の副局長を2015年から2018年10月まで務めていた人物だということ。その間にボリバル軍事大学からは国家安全について博士号を授与されている。そのあと、SEBIN の局長に就任した。

2.フィゲラがこの軍事蜂起で重要な役目を務めることになった動機を与えたのはチャベスの娘のひとりで米国に在住している億万長者のマリア・ガブリエラ・チャベスの友人でマイアミ在住の医師セサル・オマニャ(39)だった。彼の存在なくしてはフィゲラがこのインタビューで語っていることは実現されなかったということだ。

 オマニャはベネズエラ生まれで現在マイアミで生活しているが、ベネズエラで幅広い人脈を持っている人物で、マドゥロの側近らとも接触をもっていた。また昨年11月頃から米国の高官及び士官が彼と接触を保つようになっていた。

 このような背景をもっているオマニャが3月28日にSEBIN本部を訪ねフィゲラ局長との会見を求めたのであった。その目的はフィゲラをこの軍事蜂起に参加させることであった。

 両者の会見が始まった時にフィゲラは即在に「私が知らないことを言ってくれ」とオマニャに単刀直入に尋ねた。フィゲラの手元にはあらゆる情報が集まってくる。彼が知らないことはないと自負するくらいだった人物に態々会見を求めて来るのだ、それには何かあるとフィゲラは察したようである。

 そこでオマニャは計画されている陰謀を明らかにしたのである。マドゥロを追放する計画で国防大臣ヴラディミル・パドゥリノと最高裁長官マイケル・モレノもこれに参加させる予定であることを伝えたのである。そして、この軍事蜂起を成功させるためにはフィゲラの協力が必要であると説いたのであった。

 マドゥロ政権の継続の難しさを観ていたフィゲラはそれに参加する用意があることをオマニャに伝えた。その後、フィゲラは特にモレノからこの陰謀の存在が確かなものであることを確信するようになったのである。

 モレノはベネズエラの企業家から陰謀への参加を執拗に要請されていた。理由は、最高裁裁判所長官のポジションにあるモレノが野党が支配しているベネズエラ国民議会をベネズエラの正式議会であると認める。そしてマドゥロの憲政議会を否定する。そのことによって国民議会が承認している暫定大統領グアイドーを正式に大統領になる。と同時に憲政議会に支えられたマドゥロが大統領として否認されることになるという法的仕組みをモレノがつくることができるということに陰謀派の期待が集まったわけである。

◆フィゲラがワシントン・ポストに語ったこと

 それでは、ワシントンポスト紙とのインタビューの内容からフィゲラが語ったことを要約しよう。なお、オマニャもこのインタビューに証人として同席した。

●フィゲラによると、マドゥロは自らの身の安全に15-20人のキューバの軍人を側近においているという。フィゲラは毎週数度マドゥロと会見していた。

 ところが、ある日からアルドというキューバ軍人を介さないと面会できなくなっていたそうだ。それに立腹したフィゲラは「私は諜報局の局長だ。彼と面会するのになぜキューバ人を通さねばならないのだ」と言って憤慨を表明したそうだ。

 マドゥロはキューバのラウル・カストロから電話が入ると如何なる場合でも中断してカストロからの電話を受けていたそうだ。

 マドゥロはあたかも犯罪組織の長という感じだとフィゲラは語った。彼の息子ニコラスもまだ29歳であるが、南部の金鉱から安く金を手にれてそれを中央銀行に高く売って稼いでいると指摘した。コロンビアの民族解放軍(ELN)はマドゥロ政権の防衛が必要となれば駆けつけると約束してベネズエラ国内で犯罪活動をしている。ヒズボラは中東への資金提供でマラカイやカラカスなどで活動している。現在産業大臣になっているハイサミが資金洗浄に手を出している証拠もつかんでいるそうだ。

●フィゲラはベネズエラ国内の嘆かわしい状態を見てマドゥロに大統領選挙の実施を勧めた手紙を暗唱コードをつけてアタッシュケースの中に入れて送った。暗唱コードを開ける番号はフィゲラとマドゥロだけしか知らないものだった。ところが、マドゥロが返して来た回答には「臆病者、敗北主義者」と記されていたそうだ。フィゲラはその時点で双方は決裂したと判断して軍事蜂起を始動させることに決めたそうだ。

 軍事蜂起の決行日は5月1日であるというのは知らされていた。フィゲラの略称は「ブラック・パンテラ」。

 決行日に至る前までにモレノは最高裁での支持票を確保するために1億ドルを要求したり、大統領はグアイドーではなく彼自身が大統領になるべきだと主張する場面もあったという。国防相のパドゥリノは懐疑的な姿勢を崩すことがなかったことから、フィゲラは他の軍人と連絡を取って蜂起の決行を確かなものにするべく務めた。

 大衆意思党の元党首で自宅に軟禁させられていたレオポルド・ロペスに恩赦を与えるためにフィゲラは必要書類を作成し、それにグアイドーが署名して軟禁を解いた。

●蜂起の決行日を5月1日から4月30日に早めたのは、反政府派を支持している軍人によると、その前にグアイドーが逮捕される可能性があったからだと言われていたからだとされていた。が、実際にその決行を早めることに決めたのはフィゲラで、5月1日に予定されていたマドゥロ政権を批判する抗議活動をマドゥロが武力で抑えようとしているという情報がフィゲラの手元に入ったからだそうだ。

 結局、軍事蜂起は4月30日の早朝に決行された。神経質になっていたマドゥロは何度も何が起きているのか尋ねて来たという。ところが、午前6時半にはマドゥロは事態を掌握したようで、フィゲラに電話を入れてエリコイデ刑務所に出頭するように要請があったそうだ。フィゲラを逮捕するためだ。

 フィゲラはマイアミにいた彼の夫人に連絡を入れた。夫人にはFBIから接触があり安全に彼とコミュニケーションできるシステムを教えられたそうだ。またワシントンの高官から夫人に連絡がありワシントンに来るように要請があったそうだ。そのあとフィゲラがコロンビアに入国した段階で彼の安全を保障したそうだ。一方のフィゲラはコロンビアとの国境のククタ市に5月2日到着。その時点でコロンビアの諜報機関のスタッフが彼を迎えた。その翌日、コロンビアの首都ボゴターで米国の高官と面談した。ほぼ2カ月ボゴターで身を隠したあと、米国に飛んだのである。米国政府が彼に科していた制裁は勿論すべて解除されている。

◆フィゲラの証言の真相はいかに?

 モレノ最高裁長官やパドゥリノ国防相らはそのような陰謀には関与していなかったと公に発表して、「偽った約束で我々を買収しようとした」と述べてフィゲラを始め脱出した軍人を魂を売った輩だと言って批判したのである。

 一方のフィゲラは米国から今もチャベス支持主義者であることを誓っている。

 フィゲラのインタビューの中では憲政議会のディオスダド・カベーリョ議長のことは触れていない。しかし、今回の軍事蜂起の失敗にはカベーリョがマドゥロの政権交代に反対して彼の配下を動かしてこの軍事蜂起を潰したという憶測もある。というのは、カベーリョはベネズエラの軍部の支配によるカルテルのリーダーで、米国の麻薬取締局(DEA)は彼を逮捕して米国で裁くことを強く望んでいるからだ。それを知っているカベーリョはマドゥロ政権が倒壊すれば彼が身を隠せる場所がなくなるのである。それを避けるためには、マドゥロ政権をこのまま継続させることだったのである。しかし、今カベーリョはマドゥロに代わって政権に就くことを狙っている。その最初の手段としてつい最近これまで訪問することのなかったキューバを訪問してラウル・カストロとミゲル・ディアス・カネル評議会議長と会談している。

【白石和幸】

しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身

関連記事(外部サイト)