香港200万人デモの実相。一夜だけの解放区<大袈裟太郎的香港最前線ルポ5>

香港200万人デモの実相。一夜だけの解放区<大袈裟太郎的香港最前線ルポ5>

16日香港デモ

◆意外なほどに明るい雰囲気だったデモ出発地点

 16日香港ヴィクトリアパーク午後。デモに集う人々は想いのほか平和的だった。家族みんなで来ていたり、カップル、ベビーカーの親子もいた。あらゆる世代あらゆる属性の人々が笑顔でそこに集っていた。

 あまり明確に触れられることがないので、ここでデモ行進と立法会包囲(オキュパイド)の層の違いを整理しておこう。

 どちらも黒で統一されているためわかりずらいが、微妙な線引きを現場では感じる。

 6月9日の100万人デモ行進に集ったのは、香港市民全世代。

 その夜に警官隊と衝突したのが、若者中心のアクション。

 6月12日に立法会を包囲し催涙ガスなどで排除されたのが若者中心のアクション。

 6月16日、この日のデモ行進に集まったのはまた、香港市民全世代。そして夜に行動を起こすのは若者たち。

 デモ行進と直接行動の違いはかなりの日本人に共有されていない、と沖縄でもいつも思っている。それほど、日本人は政治参加についてもはや忘れてしまっているのかもしれない。

 デモ行進の出発前は、親子連れがサッカーに興じるなど、驚くほどにほのぼのしていた。数の力もあるのだろうか、自己肯定感に溢れているように感じた。

 13時半だったか、デモ隊が出発してからも、出発地点のヴィクトリアパークに向かう人が絶えなかった。一度デモのメインストリームの中に入ってしまうと、ほぼ自由に動くことができなくなるので、途中のショッピングモールや裏道を走りながら、デモ隊の全体像を追いかけた。

 しかし、横の道に出てもそこも逆の流れの黒い群衆で埋まっていた。もう、街中の人々が黒い格好をしている。

 幻というか、現実味のない詩的な光景だった。そして皆、不釣り合いなぐらいにピースフルだった。僕がメディアだとわかると、見通しの良い場所を譲ってくれたりした。

◆200万人デモの起爆剤となった青年の死

 切迫した状況ではあるものの、群衆はやはりポジティブなパワーに満ちていたように思う。人々の笑顔が地平線の向こうまで埋め尽くしているのを見た。もちろん肚の底には大きな怒りがあるのだが、それを前向きに変える冷静さを持っている人々だった。

 彼らの手には白い花があった。昨日亡くなった方の転落した場所へ供える花だ。この200万人デモの起爆剤になったのは、間違いなく彼の死だったのではないだろうか。

 黒の人々が絶え間なく立法会付近を埋め尽くしてゆく。

 もはやスマフォの電波がないほどの人数が集っていて、この日行われた那覇の香港デモに電話をつなぐはずだったが、それも途切れた。

◆「日本もヤバイよね」と日本で働く香港女性は言った

 香港出身で普段、日本で働いているという女性に話しかけられた。

「香港が大変だ、デモに行きたいと職場で言ったら、会社の人たちがすぐ帰りなさいと休みをくれた」

「こっちでは記者も殴られるから気をつけてね」

 明るく振る舞う彼女だったが、握手する手がとても震えていた。

 皆、そうなのかもしれない。明るく平和的に振舞っても、心の奥底には大きな恐怖が蠢いていた。

「日本も今やばいよね」

 去り際の彼女の言葉が胸に刺さっている。

 今日のデモに200万人が参加したことを知ったのはその頃だったか。

 とにかく先週の数を超えたことに歓喜したが、これから先のことはまだまだ読めない状態だった。

◆11秒の動画も、世界を変えることができる

 LEEJの撮った11秒の動画がこの日から50万回以上再生された。

 群衆の圧倒的なボリューム感が見事に撮影されていると思う。

 このデモの裏で、行政長官、林鄭月娥は深?で中国の高官と会談し、今後の身の振り方を話し合っていたようだ。

「政府の対応が不十分だったために、香港社会に大きな矛盾と争いを生み、多くの市民に失望と悲しみを与えたことに行政長官として市民におわびする」

 結果として彼女は謝罪に至った。

 圧倒的な数のデモ隊が政治を動かしたことは間違いない。

 デモには意味があるのだ。

「この動画、中国政府も見ただろな。おれらもう中国は入れないかもな、笑」

 LEEJとそんな冗談を言って称え合った。

 たった11秒が世界を変える種になる。この日、僕らはジャーナリズムの持つ力を意義を実感し、確信することとなった。

 普久原朝日の動画もまた、光をかざす人々の前向きさをとらえていた。

◆膨れ上がる怒りの中で、頭の中で大きくなった3文字

 夜10時を過ぎてもまだ立法会への人波が増え続けていた。

 人々のオーラが徐々に怒りに変わっているような胸騒ぎがした。

 地平線の向こうまで埋め尽くした群衆の声。もう声なのか地鳴りなのかわからない、人生で体感したことのない卒倒しそうなほどの圧が体に伝わってくる。内臓まで響いてくる。

「呪いを解いてくれ、香港にかけられた呪いを解いてくれ」

 彼らがそう言っているように感じ、身震いした。人々の渇望が今夜、莫大なひとつの塊になり躍動していた。

「龍だ、、」

 僕は巨大な龍を見たのだ。気を抜くと飲み込まれてしまいそうだった。今夜、何が起こっても不思議じゃない、、、混沌が街を包み込んでいた。

 群衆の一部、若者たちはやはり立法会にたどり着いても、そこから離れようとしなかった。先日、LEEJが推理した通りのことが起こった。

 デモ行進で立法会に着いた一部がその場に座り込むことで、市民たちは立法会を占拠しようとしていた。

「天安門」……。その呪われた3文字が頭のなかで大きくなってくる。いずれにせよ、今夜は眠れないだろう。

 僕は一旦ホテルに帰り、機材を充電しようと群衆をかき分けた。

 途中、水とパンを買おうとコンビニに立ち寄ったが、レジに立つと運悪く香港ドルを切らせていて、カードも使えなかった。どうしようか、、、まごついていると、後ろにいた若い女性が「私が払います」と名乗り出た。

「!?」

 一瞬、事態が飲み込めなかった。

「これは香港のためです」

と、その女性は毅然とした表情で言った。

 彼女は僕の背中のPRESSの文字を見て、そうしてくれたのだろう。

 人間の温かさを僕は真正面から受けた。心が激しく揺さぶられた。深く頭を下げ感謝をした。代わりに日本円を千円渡した。

 精一杯のいちばんかっこいい顔を作り、

「ありがとう。僕らは東アジアの民主主義の兄弟だ」

 拙い英語でそう言って握手して別れた。

 ホテルに帰って泣いた。ボロボロ泣いた。あの人の毅然とした表情。どこか切なげでいて、しかし強い覚悟に満ちたあの表情を僕は生涯忘れることはないだろう。

◆混沌とした立法会の前

 立法会に戻ると混沌は加速していた。

「終電の後に香港警察の排除が始まる」

 一部のマスコミたちがそうささやき始め、現場に緊張が走る。僕はガスマスクとゴーグル、ヘルメットを装備し、GOPRをセットした。

 立法会周辺はすでに黒の若者たちが完全に占拠していた。だらだらとコンクリートに寝そべる者、音楽をかける者、談笑する者。彼らは不思議と楽しそうだった。

 誰にも指図されず、自由を謳歌する、活き活きとした無垢な魂たち。それは若者たちだけの新しい国のように見えた。緊張感と無邪気さ、そして個人による自治。一夜だけの幻の解放区だった。

 終電が過ぎて、午前3時が過ぎても、まだ警察の排除はなかった。立法会裏手には、バリケードを構築している集団もいた。それを眺めながら、僕もコンクリートの上で眠った。あの冷たさと固さ、これこそが最前線だ。

◆朝8時。事態が動いた!

 朝8時過ぎだっただろうか、若者たちが慌ただしく動き始めた。

「奴らが来る。気をつけろ」

 ガスマスクで完全に防御した青年にそう言われた。

 裏手から、武装した警官隊が列をなしてバリケードを突破した。腰には銃があった。市民が数時間かけて作ったバリケードも警察の手にかかれば、ものの数分で破られることを知った。

 しかし、若者たちの姿がない。困惑しながら正面に走ると、そちらでは数百名の非武装の警官が市民と対峙していた。

 香港警察は一応、表面上、市民との対話を求めてきたのだ。

 固唾を飲んでカメラのシャッターを切った。

 一触即発とはまさにこのことだろう。その場にいる全員の鼓動が聞こえるようだった。

 市民と警察の代表者が対峙し、車座になって交渉が行われた。

 僕はその真ん中になぜが陣取っていた。

 不謹慎かもしれないが、今まで見たどんなフリースタイルバトルより熱くタフなものだった。あたりまえだ。

 広東語がわからないので、市民たちが沸いたり、ブーイングしたりするその表情から、必死で現状を読み取った。

 警察側の交渉人の女性が何か言った後、市民たちが沸いた。

 どした?と思っていると、警察隊がいっせいに踵を返して去っていく。

 市民たちは手を叩き、うねるような拍手喝采だった。まるでサッカーW杯で香港が優勝したかのような歓喜だった。

 理由がわからないが、どうやら市民たちは非暴力で立法会を再び取り戻したのだった。

◆「一隅を照らす」

 若者たちに「なぜ警察は帰ったのか?」と聞くと「きみらみたいな外国からのメディアがたくさんきてくれたから、香港警察はこれ以上のイメージダウンを避けたのさ!」と握手してきた。

 ハグを求めてくる若者もいた。

 まじか、、、その朝、僕は人生で味わった事がないほど、たくさんの人々に誉められた気がする。

 いや、2016年名護に墜落したオスプレイに近づき、写真を撮った時も、沖縄のおばあ様おじい様たちに抱きしめられた。

 あの時と同じだ。おれたちのカメラは、時に国家が隠す事実を世界にさらし、踏みつけられている人々を解放する手助けができる。

 前名護市長、稲嶺進さんの顔が香港の空に浮かんだ。

「一隅を照らす」

 それが進さんの座右の銘だ。

 それは自分の中でヒップホップの概念にも結びついていた。

 これからも自分なりのやり方で社会の片隅を照らし続けることを、香港の空に約束した。

 香港市民たちは非暴力で立法会を取り返し、さらに謝罪と法案の延期を掴み取った。

 その朝の眠そうでいて、誇らしい若者たちの顔を、僕は忘れる事ができない。

短期集中連載:大袈裟太郎的香港最前線ルポ5

<取材・写真・文/ラッパー 大袈裟太郎>

【大袈裟太郎】

(Twitter ID:@oogesatarou)

ラッパー、人力車夫として都内で活動していたが、2016年の高江の安倍昭恵騒動から、沖縄に移住し取材を続ける。オスプレイ墜落現場からの13時間ツイキャス配信や籠池家潜入レポートで「規制線の中から発信する男」と呼ばれる。新しいメディアを使い最前線から「フェイクニュース」の時代にあらがう。

レポートは「大袈裟太郎JOURNAL」

関連記事(外部サイト)