中国に大幅に遅れをとる、日本のラテンアメリカ外交。スペイン紙が指摘

中国に大幅に遅れをとる、日本のラテンアメリカ外交。スペイン紙が指摘

スペイン3大紙のひとつ『ABC』が報じた南米における日中の状況

 15日付にて『ABC』にワシントン駐在員としても活躍した経験をもつエミリ・ブラスコが、「ラテンアメリカにおける中国の存在は、日本をより活発に活動するよう追い立てている」という内容の記事を発表した。

 その内容の一部を以下に紹介すると共にそれに関係した情報などを記載することにする。

◆中国に大幅に遅れを取っている日本の対ラテンアメリカ貿易

 同氏は、最近10年間の日本のラテンアメリカとの貿易取引は2倍となり、2018年には600億ドル(6兆4800億円)を越えるまでになったことを指摘した。しかし、その一方で同年度の中国はその5倍の3000億ドル(32兆4000億円)を達成していることも言及した。

 また日本はアルゼンチン、ブラジル、メキシコ、中米におけるプロジェクトに対し国際協力銀行が2018年度は13億ドル(1400億円)の融資をしていることにも触れている。一方の中国の同年度は77億ドル(8310億円)を融資をしているが、その中からベネズエラへの原油の買い付けに関係した分50億ドル(5400億円)を差し引くと、実質的に融資として27億ドル(2910億円)となり、日本のそれを2倍上回っているだけとなると同氏は言及した。

 同氏は触れていないが、中国のラテンアメリカにおける2001年から2016年までの累積投資を見る必要がある。ブラジル548億4900万ドル(5兆9230億円)、ペルー123億7200万ドル(1兆3360億円)、アルゼンチン105億8700万ドル(1兆1430億円)、キューバ58億ドル(6260億円)、ジャマイカ49億2700万ドル(5320億円)、チリ33億600万ドル(3630億円)、メキシコ32億1200万ドル(3470億円)となっている。

 この総額の前に日本は全く太刀打ちできない。(参照:「El Pais」)

 更にブラスコは、記事の中で、シンクタンク「Di?logo Internacional」のレポートを引いて、この地域における戦略的重要性は中国のグローバル的上昇のリズムに合わて成長したと指摘している。そして、中国がカリブ海を含め各国政府とグローバルな成長という観点から数々の港湾プロジェクトに積極的に乗り出しているということに日本は気づき、日本の船のこの地域における航海の自由を確かなものにする必要性を感じているとしている。

◆国家レベルで南米外交を重視する中国

 関心ある地域に国家元首が訪問することは相互の関係伸展に直接の関係はないとされながらも、安倍首相がラテンアメリカを最初に訪問したのは2014年の5か国と、2018年のG20ブエノスアイレスを訪問した2度だけである。一方の中国の習主席はG20を含めると4度ラテンアメリカを訪問している。

 中国は習主席以外にも首相や外相らが交代でラテンアメリカを訪問している。そのような外交は日本はこれまで実現させていない。

 首脳の訪問、そして前述した累積投資などの影響から、2015年1月にはラテンアメリカ・カリブ諸国共同体(CELAC)とのフォーラムを北京で開催できるまでになった。この組織は中南米の全て33か国が参加して2011年に発足させたもの。発足した当初は中国からの影響はなかった。僅か4年後に北京でフォーラムを開催したということは中国のラテンアメリカでの政治的そして経済的な影響力の伸展を如実に示すものである。(参照:「Hispan TV」)

◆反米ボリバル革命体制が容易にした中国の接近

 中国がアフリカの後、ラテンアメリカに視線を向けたのは2000年代初頭であった。中国のラテンアメリカへの進出を容易にしたのは当時ベネズエラ、ブラジル、アルゼンチン、ボリビアなどで反米政権が誕生したからであった。

 勿論、中国のラテンアメリカにおける関心は資源の確保であった。

 日本は資源のない国だ。本来ならば、中国がラテンアメリカに進出して来る以前に日本が先陣を切ることができたはずであった。なぜならば、ラテンアメリカにおける貿易取引相手国のトップは米国と日本であったことからその実現は容易であった。ところが、日本にとって「ラテンアメリカは遠い地域」という概念が国家レベルで支配していたのか、ラテンアメリカでの資源開発に日本は積極的に投資をして来なかった。しかも、これまでの日本のやり方は商社依存であった。

 一方の中国はまず政府が先頭に立って相手国に乗り込んで政治的に企業進出を容易にする下地をつくる。その後企業が実際の事業を担当するという形を展開している。

◆日本にイニシアチブはあったのに……

 ブラジルは日系人も多く、日本のラテンアメリカへの進出の玄関になれた国であった。ところが、現在のブラジルは中国からの資本投下で発展して来た。あれほど、中国を毛嫌いして来たボルソナロ大統領も10月に北京を訪問する予定だ。ブラジルにおける中国の影響は絶大である。同じことはアルゼンチン、ペルーでも言える。(参照:「El Pais」)

 更に、最近の中国はこの地域における武器の輸出も次第に伸びている。しかも、その為に中国は資金の融資も行っているほどだ。

 その背景には、米国がこれまでコロンビア以外の国で最新兵器の販売を避けてきたという事情がある。ラテンアメリカにおける米国製の武器は古い型式のものが主流になっているのだ。

 しかもトランプ米大統領政権は当初ラテンアメリカへの関心は薄かった。それも中国がラテンアメリカで伸展を拡大できる要因となった。

 ラテンアメリカにおける日本が今後できることは対象とする国を数か国絞って、そこを集中的に日本が協力して相互の発展を図ることであろう。

【白石和幸】

しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身

関連記事(外部サイト)