最大金利9%のベトナムで銀行口座を開いてわかった「意外なハードル」とは?

最大金利9%のベトナムで銀行口座を開いてわかった「意外なハードル」とは?

ベトナムでの口座開設は簡単なように見えて、別の意味でハードルが高かった

 前回から、ベトナムで銀行口座開設を試みている筆者。在越日本人ビジネスマンの浅野彰と現地民泊ホストのファムの情報を頼りに、本当に住んでもいない日本人が銀行口座を開けるのか試しているというわけである。

 その前に閑話休題。ベトナムと言えば、ベトナムコーヒーである。練乳を入れて、甘くしあげた「ベトナムコーヒー」で知られているが、そのためもあってか街のいたるところにコーヒーショップが見られる。

 筆者が泊ったコンドミニアムの一階にもあり、たとえば「ココナッツミルクコーヒー」とか「ヨーグルトコーヒー」など、日本ではお目にかかれないラインナップが揃っている。

 コーヒーにヨーグルトを入れるなど、考えたこともなかったが、実際に試してみると意外にあっている。甘党限定だが、このコーヒーを味わうだけでもベトナムに行く価値がある。それぞれ一杯3万ドンなので、日本円で約150円ということになる。

 そうして朝一杯のコーヒーを飲んだ後、筆者は意を決して銀行に向かった。向かった先は同じくコンドミニアムの一階「BIDV」銀行である。ベトコンバンクというのは、名前からしていかにも強くてしぶとそうだが、一番近くにあった銀行と言うだけで、他意はない。

 緊張しながら銀行に入ると、女性行員がいて、「What can I do for you?」と声をかけてくれる。以前紹介した宮内氏のブログの通り、確かに英語が通じる行員がいる。

「あのう、こちらで銀行口座を開きたいのですが」

 すると、「なぜ、あなたはベトナムで銀行口座を開きたいのですか?」と聞き返された。なぜ、と正面切って聞かれたので、正直に答えるしかなかった。

「これからも何回もベトナムに来ると思いますし、利率が日本より全然高いと聞きまして」

 正面切って聞いてきた割には、この女性行員はそれほど筆者の答えに興味がある様子ではなかった。

「それでは、パスポートを出してください」

 筆者はパスポートを渡し、ひきかえに申し込み用紙らしきものを渡してくれた。そこに名前、パスポート番号、住所、その他もろもろを書いていく。

「電話番号ですが、日本の携帯番号ではダメですか?」

「ダメです。電話番号は、ベトナム国内のものでなければなりません」

 どのみち数日後には出国してしまう筆者の「ベトナムの番号」を控えてどうするのだろう、という疑問はないでもないが、とにかくベトナムの電話番号を書き込んだ。

 その間に、この女性行員は筆者のパスポートのコピーを終えたようだ。

「それでは、デポジットとして5万ドンをいただけますか?」

 5万ドンということは、250円くらいだ。異存のあろうはずがない。すぐに筆者は財布から5万ドンを取り出した。

「というよりも、5万ドンだけ預けていてもあんまり意味がないから、これも一緒に預かっていただけませんか?」

 いかに一年の定期の利率が7%でも、5万ドンに7%では全然嬉しくないではないか。

 筆者は日本円の一万円札とベトナムの20万ドン札を取り出した。しかし、先方の返答は予想外だった。

◆「合法的なお金じゃないと預金できません」

「申し訳ありませんが、私たちの銀行では、このお金が合法的なものであるという証明がなされない限りは、お預かりすることができません」

 言うまでもなく、筆者の収入は書籍の印税・こういった記事の原稿料・民泊の売り上げが主なものであり、全て合法なものである。まあ、別に急いでいるわけでもなく、帰国してから印税の支払い明細を送ればいいや、と思いそれ以上は追及しなかった。

 そういえば、ATMカードはどうなるのだろう?

「来週金曜日に、こちらの店頭まで取りにきてください」

「すみません、私今日にはホーチミンへ移動して、二日後には日本へ帰るのですが……」

「それなら、またお越しになるときに、ご一報ください。カードの用意ができてから二週間以内に来られない場合は、カードは無効になります」

 そう言いつつ、この女性行員は筆者の名前と口座番号が記入された紙を渡してくれた。時間にして30分少々で、あっさりと口座ができた。

◆国営系のBIDVよりSCBやTIMOのほうが楽!?

 もっとも、口座ができてもそこに預け入れができて利子がつかなければ意味がない。だが、とにもかくにも口座はできた。帰国後、ベトナム渡航前に会った、ブログ「20代・資産1500万円でセミリタイアしベトナムで暮らしています」管理人の宮内氏にこのことを報告した。

 2014年からベトナムで暮らし、現在は年に三、四か月だけ日本で働き、二十代のときに貯めた一千万円超の預金をベトナムの銀行に預け、その利子と合わせホーチミン市でセミリタイアをしている人物だ。

 すると、宮内氏からは次のような返答があった。

「BIDVは国営系なのでルールが厳しいようです。SCBやTIMOなら日本と同様に預金できるのですが……。このあたりの事情もお伝えするべきでしたね」

 ただ、筆者の帰国後ベトナムで大きな変化があった。これは宮内氏の今後の人生設計をも大きく変えうる大事件である。

 次回は、それについての報告をしたい。

<文・タカ大丸>

【タカ大丸】

 ジャーナリスト、TVリポーター、英語同時通訳・スペイン語通訳者。ニューヨーク州立大学ポツダム校とテル・アヴィヴ大学で政治学を専攻。’10年10月のチリ鉱山落盤事故作業員救出の際にはスペイン語通訳として民放各局から依頼が殺到。2015年3月発売の『ジョコビッチの生まれ変わる食事』は15万部を突破し、現在新装版が発売。最新の訳書に「ナダル・ノート すべては訓練次第」(東邦出版)。10月に初の単著『貧困脱出マニュアル』(飛鳥新社)を上梓。 雑誌「月刊VOICE」「プレジデント」などで執筆するほか、テレビ朝日「たけしのTVタックル」「たけしの超常現象Xファイル」TBS「水曜日のダウンタウン」などテレビ出演も多数。

関連記事(外部サイト)