親米路線のアルゼンチン・マクリ大統領、予備選で大敗。その原因と予想し得る将来図

親米路線のアルゼンチン・マクリ大統領、予備選で大敗。その原因と予想し得る将来図

マクリ大統領の苦悩は続く (photo by Erica Canepa/Bloomberg via Getty Images)

◆アルゼンチン大統領選予備選は意外な結果に!

 10月27日に予定されているアルゼンチン大統領選挙の前の予備選挙が今月11日に行われた。結果はアルベルト・フェルナンデスとクリスチーナ・フェルナンデスの大統領と副大統領候補のコンビ(47%)が現職のマウリシオ・マクリ大統領ととミゲアンヘル・ピチェト副大統領候補のコンビ(32%)に得票率において15%の差をつけて勝利した。今回の予備選挙には10組のコンビが挑んだが、上述の2組のコンビのどちらかが最終的に勝利のカギを握っているということでこの2組に注目が集まっていた。(参照:「Pagina12」)

 このような予備選挙の導入は10年前から実施されているが、15%の大差が意味するものはマクリが再選される可能性はほぼゼロということになる。しかも、前者のコンビが47%を獲得したということは、実際の大統領選挙の際に無効投票などが対象外にされることから実質的に前者のコンビが過半数の支持率を獲得する可能性が高く、決戦投票に臨む必要がなくなるということになる。

◆誰も予想しなかったマクリ大敗の要因

 それにしても今回のマクリ大統領コンビの大敗は誰も予測しなかった。寧ろ、一部の予測は当初優位にあるとされていたフェルナンデスにマクリが追いつき追い越したという評価もあったほどだ。エスタブリシュメントがマクリの勝利の演出をしていたということになる。

 マクリの敗北は彼を支えていた中流層が彼を見放したことである。

 マクリが政権に就いた2015年から現在に至るまで国民を喜ばすものは何一つなく、高いインフレ、失業者の急増、貧困層の増加というこの3つの要因によって彼は国民から信頼を失って行った。

 例えば、今年上半期のインフレは22%となっているが、これまで1年間のインフレは56%を記録している。この30年間でこれほど高いインフレを経験したことはない。インフレの上昇率が余りに高いために給与の昇給がそれに追いつかず消費者の購買力は益々低下している。貧困層は32%にまで及んでいる。マクリが大統領に就任してから産業分野だけでも昨年8月の時点で78000人が職を失っている。今年の第一四半期での失業率は10%となり、最近13年間で最高の失業率だという。(参照:「Infobae」)

 その影響で通貨ペソはドルの前に下落を続ける一方だ。もともと、アルゼンチンの国民は自国の通貨への信頼はゼロで常にドルを手に入れたがる。ペソが下落すればするほどドルを買い求めるようになり、ペソの下落をより加速化させる現象が起きている。

◆親米・新自由主義路線も振るわず

 このような最悪の経済事情の中で唯一救いの手を差し伸べたのが国際通貨基金(IMF)である。この支援には米国が背後にいた。アルゼンチンは重要な国だというトランプ大統領からIMFへの圧力もあった。何しろ、マクリの前のクリスチーナ・フェルナンデス前大統領の政権下では、彼女は中国とロシアには頻繁に赴くが米国へは一度も訪問していおらず、米国との関係は疎遠になっていた。それをマクリが一挙に方向転換して米国寄りの外交を展開したのである。その外交姿勢を米国は無視できないわけだ。

 そこでトランプはアルゼンチンがIMFに資金支援を要請した時に反対しなかったのである。ということで、アルゼンチンはIMFから570億ドル(6兆2700億円)の融資枠を手に入れたのである。それによって国家の破綻を回避した。(参照:「El Mundo」

 アルゼンチンの国民にとって喜びに繋がるニュースは一切ない。そのような中で、マクリは予備選挙に臨んだのである。そして、予備選の前の演説ではアルベルト・フェルナンデスとクリスチーナ・フェルナンデスのコンビが政権に就けば政府が市場に介入して来る度合いが強くなると述べて統制経済を実行するようになるという恐れを有権者に植え付けようとした。

 実際、クリスチーナ・フェルナンデスが大統領だった時は自由貿易に制限を加え資本の移動もコントロールしようとしていた。それを知っているアルゼンチンのエスタブリシュメントは市場経済を優先させるマクリを支持して来た。

 しかし、今回の対抗馬の勝利によって、そのことが逆効果となってしまった。なにしろ、ペソはドルの前に30%の下落。ニューヨークの株式市場におけるアルゼンチン企業、例えば石油企業YPFの株価も36%の下落を記録することになってしまったのだ。同様にパンパ・エネルヒア41%、旅行業者デスペガールも30%という大幅な下落をした。

◆マクリ逆転の目はあるのか?

 マクリがまずなすべきことは、アルベルト・フェルナンデスとクリスチーナ・フェルナンデスのコンビが、どのような政策を実行に移す考えでいるのかを早急に明確にすることだろう。そうしないことにはアルゼンチンからの資金の流出は免れることが出来ないと推測されている。

 それを明確にすれば、アルベルト・フェルナンデスとクリスチーナ・フェルナンデスのコンビが大統領になる恐れを国民に植え付けることになる。その意味で自由経済を主張するマクリとポチェトのコンビが見なおされる可能性もある。

 しかし、これから10月27日の大統領選挙までドルの上昇を抑えることが非常に難しくなる。それはインフレの更なる上昇に繋がる可能性があり、経済の動きをコントロールできなくなる。それがまたマクリを不利な立場に追い込むことにもなるのだ。

◆クリスチーナ・フェルナンデスも問題山積み

 アルゼンチンという国は20世紀初頭は世界でトップレベルの経済大国であったが、その後政治の腐敗から国威は次第に減少して行った。その一因となったのが、副大統領候補のクリスチーナ・フェルナンデスなのである。

 彼女は、当初大統領候補として立候補することを考えていた。ところが、彼女は現在汚職など13の容疑で公判を受けており、判事から7度も逮捕状が出されているが、彼女の上院議員という地位から不逮捕特権を使って逮捕から逃れているという状況なのだ。(参照:「El Mundo」)

 なぜそのような人物が、再び副大統領に立候補し、予備選で勝利を収めたのか? それは、彼女が書いた本がベストセラーになったことも一因がある。過去にさまざまな不祥事を起こし、訴訟を起こされているにも関わらず、知名度が再び上昇しただけで、大統領選に立候補できてしまう。そんな国家に欠陥があるということである。

 ただ、アルゼンチンの世論調査では、マクリもクリスチーナ・フェルナンデスも大統領として望まないというのが6割にも達している。

 そのため、彼女が選択したのは自分は副大統領になって、大統領には別の人物を選ぶとしたのである。それで白羽の矢を立てたのがアルベルト・フェルナンデスだったのである。

◆大統領候補アルベルト・フェルナンデス

 アルベルト・フェルナンデスは、ファミリーネームが同じのため混同しやすいが、クリスチーナ・フェルナンデスとは特に血縁関係はない。アルベルトは、クリスチーナ・フェルナンデスの夫ネストル・キルチネールが大統領の時に首相を務めた人物で、また彼女が大統領になってからも首相を務めていた人物だ。

 ただ、このとき、クリスチーナとは考え方の相違で彼は辞任したことがある。そのあと彼はクリスチーナ・フェルナンデスの政治を痛烈に批判していたのだ。それが、彼女の方から大統領のポストを譲るから一緒に立候補しようと持ち掛けて今回のコンビが成立したのである。

 大統領のポストを約束されたアルベルトだが、巷ではこのコンビで実権を握るのは彼女の方だと言われている。だから、彼女はIMFとも疎遠で犬猿の仲にあった関係から、この二人が政権に就くとまたデフォルトを起こすと投資家は懸念しているという。(参照:「El Pais」)

◆本番まで11週間。15%の差は縮むのか?

 今回の予備選挙はあくまで予備でしかない。しかし、本番まであと11週間しか残っていない。15%の差を縮めるには毎週1.4%の差を埋めねばならないのである。これは現状から見てその可能性はないということである。

 特に、一番の票田であるブエノスアイレス州でマクリの票が伸びなったのは致命傷である。またマクリの後継者と見られているマリア・エウヘニア・ビダル州知事がアクセル・キシロフ候補の前に18%(50%対32%)の大差で敗れたのも予想を全く裏切る結果であった。ビダルの州知事としての治世は高く評価されていたからである。アクセル・キシロフはクリスチーナフェルナンデス前大統領ン政権下で経済・財務相を務めていた。ブエノスアイレス州の勝利者の政党が大統領になっているという前例からもアルベルト・フェルナンデスとクリスチーナ・フェルナンデスの勝利はほぼ確実ということである。

◆国際的にも無関心ではいられない行方

 マクリを強く推していたブラジルのボルソナロ大統領はブラジルからの輸出にアルゼンチンが制限を加えられる場合を懸念している。フェルナンデス、ルセフ、チャベスという左派同盟の様なものを形成していたことから、マクリが政権から去れば、ブラジルにとって中国に次ぐ第二の取引国であるアルゼンチンとの関係の依存から脱皮してもって国際的に幅を広げた貿易取引を実行して行く意向を表明している。

 また、最近合意に至った欧州連合とメルコスルの合意についてもそれに反対しているアルベルト・フェルナンデスとクリスチーナ・フェルナンデスのコンビがそれを破棄する可能性もあると見て、その場合はブラジルは単独で欧州連合との合意を維持して行く姿勢である。

<文/白石和幸>

【白石和幸】

しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身

関連記事(外部サイト)