「ガウディの再来」と言われた建築家、ベネチアで1000万円の罰金を課される

「ガウディの再来」と言われた建築家、ベネチアで1000万円の罰金を課される

問題となった「憲法の橋」。photo by Ir?n Nemess via Pixabay

 現在、スペインを代表する建築家のひとりにサンティアゴ・カラトラバ(Santiago Calatrava)がいる。筆者が住んでいるバレンシア出身で、1990年代から2000年代にかけてガウディーの再来かと注目を集めた建築家であった。しかし、今では彼が設計した建造物は当初の予算を大幅に上回り、完成した作品の多くが常に問題を提起するという波紋を呼ぶ建築家に変身している。

◆常に波紋を呼ぶ尊大な天才建築家

 嘗て世界から引く手あまたの建築家であったのが、今では良く批判される建築家となっている。なぜ? そこには彼の尊大さが影響しているのかもしれない。

 彼のことについて研究したジャーナリストのリャツェル・モイシュは、カラトラバがカタルーニャ大学の上級建築学校校長アルベルト・エステベスとカナリア諸島テネリフェのエンジニアであるエンリケ・アミゴーに答えた会話の内容を明らかにしている。その中に彼の尊大さを垣間見ることができる。

 エステベスがカラトラバに、前者が運営する上級建築学校で講義をしてもらいたいと依頼したことに対して、カラトラバは「私が君に私の設計事務所を清掃しに来てもらいたいと提案すれば、どう思う?」と尋ねたそうだ。世界的名声のある建築家に建築学校での講義を依頼するのは品格を落とすようなものだと言いたいようであった。

 また、アミゴーがカラトラバにカナリア諸島テネリフェのコンサートホール「アウディトリオ・デ・テネリフェ」の建設プロジェクトにカラトラバにその指揮を依頼した時、カラトラバは「一つ明白にしておきたい。君は私に島から依頼しているのだ。その島はヨーロッパのケツにある。私はヨーロッパの中心のチューリッヒから話しているのだ。君の島は私には価値はない」と見下すように答えたのであった。そう言っておきながら、この仕事をカラトラバは引き受けて、当初の予算の4倍の建設費用2億ユーロ(220億円)を発生させたという代物だ。一方、彼は1200万ユーロ(14億4000万円)をガッポリ稼いだのである。(参照:「El Pais」)

◆見積もり大幅超過で罰金に

 そんなカラトラバがイタリアのベネチアで設計した鉄道駅とローマ広場を結ぶ「憲法の橋」と命名された長さ94メートル、幅5.58メートルから9.38メートルの橋の建設費が当初の見積もりを大幅に上回ったとして78000ユーロ(936万円)の罰金が科せられたことが先月報道されて話題になった。この建設に携わったエンジニアのサルバトッレ・ベントにも11000ユーロ(132万円)の罰金が科せられた。

 完成したのは2008年であるが、当初見積もりされた費用は670万ユーロ(8億400万円)であったのが、最終的に1160万ユーロ(13億9200万円)の費用がかかったというのである。ほぼ500万ユーロ(6億円)の過剰費用がかかったことになる。(参照:「ABC」)

 この過剰費用を発生させたことでカラトラバは訴えられたが、2015年の会計検査院の一審では無罪とされた。ところが今回の二審では容疑は肉眼でも分かるほどの怠慢さであると判断され、しかも橋の建設について、それが長い年月に十分に裏付けされた経験を積んでいる世界的に著名な建設家による作品であるということはより重大で、尚更罰するに値するものだという判決がくだされたのである。

◆美しい建築だったが実用性とのズレが……

 この判決で、カラトラバの責任とされた一つが20年の耐久性あるとされたガラスで出来た段差の床版は雨が降ると利用者が足を滑らすという危険性から床版の材料を変更せねばならなくなったことであった。また身体障碍者が利用できるためのアクセスの為の設備が当初から設計されていなかったというミスを犯したことで建築様式を変えることなくその為のアクセスを設ける為に200万ユーロ(2400万円)を加算せねばならなくなったということもある。

 その他に、配管や資財の耐久性の問題などが罰金の対象になったという。(参照:「El Pais」)

 結局、ベネチアにある400の橋の中で最も新しいカラトラバの橋が特別機器で頻繁に検査せねばならなくなっているという皮肉な事態が起きている。しかも、その維持費用だけでも年間167000ユーロ(2000万円)の経費がかかるというのである。

更に、建設期間も当初1年と予定されていたのが、工事の補修などで6年もかかったということ。

 完成した当時のマッシモ・カシアリ市長は公式のオープニングセレモニーを行わず、内輪で祝福しただけにしたという。結局、ベネチアのシンボルになる予定だった橋が逆に悩みの種の橋となったのである。(参照:「ABC」)

◆建設費用超過が多いカストラバの作品

 カラトラバは建築家として、当初、特に橋の設計建築を良くやっていた。が、建設費用が当初の見積もりから2倍に跳ね上がって市民が憤慨したのがイスラエルのエルサレムで建設された弦の橋である。

 ワイナリーのボデガ・イシオスの社屋の2001年の建設で雨漏りがするということで200万ユーロ(2億4000万円)の修理代をカラトラバが負担すべきだという訴訟も起きた。

 筆者が在住するバレンシアでも建設費が4500万ユーロ(54億円)も上回ったという芸術科学都市がある。4811平方メートルの敷地内にオペラハウス、科学館、プラネタリウムなどが建設されているが、当初の建設費用は3億ユーロ(320億円)と見積もられていた。ところが、最終的には4500万ユーロほどオーバーして完成したのである。

 バレンシア州政府は2014年にこの過剰な予算オーバーに訴訟を起こす予定であったが踏みとどまった。カラトラバがバレンシア出身の建築家であるということから外部から州政府に圧力があったものと思われる。また彼は州政府に癒着もしていた関係もあう。一方のカラトラバはこの都市建設で9400万ユーロ(112億8000万円)の報酬を稼いだのである。(参照:「Monocloa」)

◆斬新過ぎるカストラバの建築

 バレンシア市内にはカラトラバの作品は他にも数点ある。そのひとつに橋の欄干が一つしかないアラメダ橋がある。構造力学によって重心移動させて、欄干を傾斜させている。筆者もこの橋を通過することがあるが、歩行して渡ろうとすると車が通過する度に起こる床版の振動が大きく異常と思える程であるが、1995年に完成して以来問題になったことはない。しかし、振動幅の大きさは気になるところである。

 訴訟やクレームの多い作品などで、現在のカラトラバは嘗てのようなスター的な人気はない。それでも彼は今も世界で活躍している。素晴らしい作品も生み出しているからである。

 バレンシアで日本人女性と結婚していた、既に他界したある建築家はカラトラバを良く知っていて、私に「彼は売名心の強い人物だった」と言っていた。そして、この日本人女性の親友がカラトラバの姉カルメンであったことから、「カルメンと一緒に銀行に行くと支店長がわざわざ出て来て懇切に対応してくれるのよ」と言っていたのを思い出す。

【白石和幸】

しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身

関連記事(外部サイト)