タイに渡った日本の機関車。あまりにも手探りな導入に日本人のおじさん2人が立ち上がる

タイに渡った日本の機関車。あまりにも手探りな導入に日本人のおじさん2人が立ち上がる

足回りをメーターゲージに変更するために待機しているDD51。(画像提供:木村正人)

◆東南アジアで活躍する日本の中古列車

 衰退しつつあることが言われてはいるものの、日本の製造業はまだまだ世界に誇ることのできる産業で、中でも歴史と実績が長いジャンルのひとつに鉄道もある。主要都市を新幹線が結び、時速300キロ超で走ることがもはや当たり前にすら感じるが、海外に目を向ければ、そんなスピードで事故を起こさずに走ることはほぼ奇跡に近いレベルに思える国もある。

 そのため、海外の鉄道関係者は日本の車両や技術に注目し、一目を置く。開発技術のない国は日本の車両を手に入れたいと願うところも少なくない。しかし、技術が高い分、車両価格が高くなるのも事実だ。予算の取れない国によっては新車購入をあきらめ、中古を狙う場合もある。特に東南アジア各国は中古車両を求めることが多いようだ。

 観光で人気のタイも国有鉄道(タイ国鉄)が採用している車両の一部に日本の中古車両が導入されている。特に有名なのが寝台列車のブルートレインだ。中古がタイに納入され、バンコクと地方都市を結んでいる。

 最近もまた、タイに日本の車両が輸出された。「DD51形ディーゼル機関車」と呼ばれる車両だ。

◆日本全国で活躍し退役したDD51、タイへ

 DD51は1962〜1978年の間に649両が製造された。貨物だけでなく客車も牽引し、特にJR北海道では「北斗星」や「トワイライト・エクスプレス」、「カシオペア」といった寝台特急、あるいは夜行急行の先頭車両として鉄道ファンから多大な人気を得ていた。一般の人はあまり知らないが、2011年の東日本大震災の復興では、被災地へ石油を輸送するために全国からDD51が集められたという。

 そんなDD51のうち退役した1137号、1142号の2両が2018年9月ごろにタイに到着した。太平洋戦争時に日本軍が敷設した、映画「戦場にかける橋」でも知られる泰緬鉄道の起点となるノンプラドゥック駅に置かれ、今後はタイ国鉄の複線化工事に活躍する見込みだ。

 タイ国民は、日本ほど一般的に国鉄を利用しない。というのは、現状タイ国鉄が有する線路は単線が多く、運行本数や速度が制限されてしまうからだ。国鉄の総延長距離は4,044キロ(2018年時点*)。1894年3月に開業して以来、徐々に敷設距離は伸びてきたが、ある時期から総距離はあまり変わっていない。このうちの大半が単線で、複線化が完了しているのは250キロ、つまり敷設総距離の6%程度でしかない。

 タイ国鉄は複線化計画を進めており、工事第1期と2期が完了する見込みの2022年には総距離4,832キロに対し複線化部分は65%超の3,157キロになる予定だ。その計画遂行の大きなカギになるのが、このDD51なのだ。

<*距離に関する情報はタイ国鉄冊子「Rodfai Samphan Vol4 2018」を参照>

◆車両とともに届いたのは薄い日本語のマニュアルだけ

 DD51ディーゼル機関車の導入は、この計画がバラストを運ぶ高出力機関車を求めていたためだという。ただ、タイの軌間(レールとレールの間の幅)は1メートルのメーターゲージと呼ばれる幅が採用されている。韓国や中国、欧米などは標準軌(軌間が1,435ミリ)なので、それに合わせて作られた車両は改修・改造が困難だ。日本は鉄道会社によって違いはあるが、JRは1,067ミリのため、車両をそのまま利用できないものの、改修はあまり難しくない。タイに到着したDD51は軌間に関しては何の問題もなかった。

 これによってタイ国鉄の計画が予定通りに行くことが期待されていたのだが……。

 実はその一方で大きな問題も抱えている。車両が本領発揮できる環境が依然整っていないのだ。

 複線化の一部はタイ国鉄から請け負ったインフラ工事を担う企業「A.S.ASSOCIATED ENGINEERING社」(以下AS社)が担当する。車両はノンプラドゥック駅に隣接する基地にあり、車両購入もタイ国鉄ではなく、このAS社がJR北海道との間に立つ商社から輸入した。本来ならタイ国鉄が購入しAS社がレンタルしたいところだが、予算がない上に常に車両不足のタイ国鉄ではそれができなかったと見られる。

 問題は、納入時に車両と薄いマニュアルが渡されただけで、AS社にはDD51の運行や整備に関する技術的な情報が大きく不足していることだ。

◆タイ在住の日本人が翻訳を請け負ったが……

 この事実を初めて外部に発信したのがタイ在住の木村正人氏だ。SNSでAS社にDD51が入ったことを知り、ノンプラドゥック駅に見に行ったことがきっかけだ。

「昨年、DD51型機関車がタイに入ってきたという情報がSNSで流れ、すぐに現場に行きました。そして、この機関車を所有している会社の車両担当者に表示類の翻訳をお願いされたのです」

 木村氏は操作盤や表示板のタイ語化を進め、日本の旧国鉄の元運転士から聞いた情報を元に運転マニュアルをタイ語で作成した。日本語でさえ難しい専門用語をタイ語にすることは困難だ。木村氏は「専門用語は知らないので、意味が正しく通じればOKとしています」というマニュアルではあるものの、AS社は助かったに違いない。

 しかし、AS社の技術者たちは手探りで整備や運転をしていることに変わりはなく、不安が残っている。

 2018年9月に木村氏が最初にノンプラドゥック駅に隣接するAS社の車両基地を訪問した様子を、氏が管理しているYouTubeチャンネル「鉄道タイランドCH」に上げたところ、反応があった。九州の鉄道ファンクラブ「長崎きしゃ倶楽部」を主催する、鉄道ファンの吉村元志氏だ。吉村氏は木村氏に対し「すぐに行きます」と呼応し、同年10月にタイにやって来た。

◆やってこなかった日本からの技術指導

 このときにAS社は木村氏と吉村氏の訪問を歓迎し、DD51ディーゼル機関車の試運転に同乗させてくれた。始動から走行の様子を動画撮影し、再度木村氏は動画サイトにアップした。この動画が日本でDD51を運用していた技師の目に留まり、しかも吉村氏の知り合いであったことから連絡が入ったという。

「安全に運行できる状況になく、特に制動不能の状態に陥る可能性がある」

 辛辣な意見だった。

 ただ、AS社としては木村氏・吉村氏が訪れた翌月の11月にDD51の技術者から直接タイで指導を受けるつもりであり、そのときの運転はあくまでも試運転であり、両氏表敬訪問のちょっとしたイベントのつもりだった。

 しかし、その11月の技術者訪問は、AS社が期待していたJRからではなく、お隣のミャンマー国鉄のミャンマー人技師だった。AS社も寝耳に水くらいに驚いてしまう。ミャンマーにも2004年にDD51が譲渡されており、タイよりは知識があるからと商社が手配したのかもしれない。おそらく、すでに車両を手放していること、また契約には技術指導が含まれていなかったと見られ、今後もJR北海道から技術者が来る予定はないようだ。

 AS社はせっかくDD51を入手したのだが、正しい運用方法がまだ掴めていない状態となってしまった。

◆日本人のおじさん2人が立ち上がる

 木村氏や吉村氏のほかにも日本の鉄道ファンがたびたびAS社を訪問しているので、同社の技術者たちにその想いが伝わり、DD51ディーゼル機関車に強い愛着を持ってくれているようだ。この日本製の車両が大切に扱われていることを木村氏と吉村氏はその目で見ている。そこで、タイの鉄道の発展、DD51が正しく安全に運用されるよう、吉村氏を中心にクラウドファンディングを立ち上げた。

 2019年10月末を締め切りに、目標は150万円としている。DD51を知り尽くした日本の整備士と運転士をタイに送り込み、AS社に技術を継承しようというプロジェクトだ。タイ国鉄の複線化計画では早ければ年内中、遅くとも2020年の頭にはDD51を始動しなければならない。思った以上に切羽詰まった状況になっている。

 たまたま見に行ったことがきっかけで、タイ国鉄の発展に避けては通れない複線化に関わることになった木村さんは、そもそも鉄道ファンではなかったそうだ。

「マニュアルを翻訳する中でこの車両について深く知り、そして触ってみたり、乗ってみたり、いじってみたりして、また技術支援プロジェクトが始まり、いろいろとこの車両について面倒を見ることになって、私にとってはより身近な車両になってしまいました」

 DD51は高度成長期に生まれた車両だ。木村氏が日本で育った時代に活躍した車両でもある。だから、木村氏は「DD51が歩んできた道は自分の人生ともなんとなくダブるところがあると感じています」という。

「私はバブルの時代が終わるとタイに移住してしまいましたが、それから二十数年してこの車両とこうやって巡り合え付き合っているのはやはり縁なのでしょう」

 今、日本のおじさまふたりを中心に、日本の古き良き時代のディーゼル機関車の運命が東南アジアのタイで動こうとしている。

<取材・文・撮影/高田胤臣>

【高田胤臣】

(Twitter ID:@NatureNENEAM)

たかだたねおみ●タイ在住のライター。近著『バンコクアソビ』(イースト・プレス)

関連記事(外部サイト)