入社3年、新米記者上海でキャッシュレス社会を体感。帰ってきてから旅行客も使えるように……

入社3年、新米記者上海でキャッシュレス社会を体感。帰ってきてから旅行客も使えるように……

入社3年、新米記者上海でキャッシュレス社会を体感。帰ってきてから旅行客も使えるように……の画像

 以前、「中国のファストフード店で現金を使おうとしたら、店長が出てきて大騒ぎになった」という投稿をTwitterで見たことがある。何を大げさな、くらいに笑っていた。先月、いざ上海へ旅行するとなったときも、大した下調べもせず「VISA・Mastercard二種類持っておけば、大丈夫だよね〜」くらいに高を括っていたのだが……。

 私は言いたい「せめて、銀聯カード*を作っていきなさい」と。そして出来るならば、現地ATMで100元札など引き出さず、手数料はかかっても日本で10元札を手に入れてから行きなさい、と。

<*中国銀聯股?有限公司(Union Pay)が運営する決済システム>

◆ケンタッキーで「銀聯」すらも使えない

 10月12日深夜、台風を心配しながらなんとか旅立った私は、無事上海へ。はるばる友人が空港まで迎えに来てくれることに申し訳なさを感じつつ、折角なので「リニアモーターカー」で市内まで移動することにした。まだ「上海浦東“国際”空港」にいるにも関わらず、窓口で「銀聯」以外のクレジットカードの文字は確認できない。そこはかとなく漂う不安感を無視して、中国キャッシュレス社会へと時速400kmで向かっていく。

 東京で言うところの銀座のような「南京東路」に到着し、小腹を満たすべく立ち寄ったのは50mごとに乱立する「肯コ基(ケンタッキー)」。タッチパネル式の注文方法は、中国に限らず海外ではよく見かけるが……、どこかおかしい。あるはずのクレジットカードの挿入口がそもそもないのだ。ケンタッキーでは「銀聯」すらもお呼びではないらしい。

 友人に支払いを代行してもらい、無事にラップを手に入れたが、もし一人で来ていたら冒頭のツイートと同じようにことになっていたのだろうか。

◆「VISA」が使えるのは、H&MとTHE観光地の田子坊とディズニーくらい

 クレジットカードを使えるお店はないのかと、目を皿にして「VISA」「Mastercard」の文字を探す。見当たらない、どんなに栄えたエリアだろうと見当たらなかった。自販機でさえもQRコード決済。サイバーテロに遭ったら、大混乱じゃないかといらぬ心配をしてしまうほど、現金もクレジットカードも使う隙が無い。

「タクシーで移動しようとしたら、開口一番『現金でもいいけど、おつりはないからね』って言われた」と現在中国留学中の友人の言葉から察するに、外国人旅行者は「おつりが出なくてもいいという気持ちで、現金を使う」ことしかできないのかもしれない。

 結局、上海に滞在した3日間で、「VISA」という文字を確認できたのは、「H&M」と振り返れば日本人と出会える「田子坊」、そして「ディズニーランド」だけ。ちなみに、地方の空港から出発しているバスなどでは、逆に現金しか使えないため、「中国人がオロオロしている」こともあるらしいが、上海に限って言うならば、現金を求められることは一切なかった。

◆車内の押し売り販売ですらバーコード

 ディズニーへ行く11号線では、明らかにパチモノなカチューシャを「3つで10元〜」と声高に繰り返しながら各車両を回る男女が見受けられる。そして、そんな押し売り販売でさえ、支払い方法は「WeChat Pay」もしくは「Alipay」。前述の友人曰く、どんな年齢層であろうとスマートフォンを使いこなし、支払いはアプリというから驚きだ。

 北京へ留学し、現在も毎月のように中国へ足を運んでいる別の友人女性がこんな怖い話を教えてくれた。

「(中国では)シェアモバイルバッテリーが当たり前になって、(バッテリーを)持ち歩く必要もなくなってるんだけど、もちろんQR決済で借りるの。で、充電やばい時に借りようとしたらスンって充電切れて借りれない上に、人民元は全部Alipayで管理してたから突然一文無しになった」

 中国のキャッシュレス徹底ぶりには脱帽する。

 もちろん、「現金がないとどうにもならない」とまではいかないらしいが、少なくとも上海では快適に過ごすには「Alipay」もしくは「WeChat Pay」なのだと身に染みる旅となった。

◆中国旅行者に朗報! 短期の旅行客もAlipayを使えるように

 しかしながら、「Alipay」にしても、中国で十二分に使うには、中国本土の銀行カード連携が必須。それには、中国本土で口座を開くにはビザおよび電話番号が必要で、一旅行者には不可能と言わざるを得ない状況だった。

 そのため、知人に現金を渡す代わりに、アプリ内で送金してもらった残高で過ごす、もしくは全機能対応ではないものの、香港の銀行カードを連携するといった方法などの裏道を駆使する必要があったという。ただ、そもそも現地口座を持っている知人がいるケースも、香港の銀行口座なら持っている、というケースも極めてレアだろう。

 クレジットカード(アプリに登録そのものはできてもQR決済では使えない)、中国系銀行の日本支店カード、日本系銀行の銀聯カードなど、用意できそうな道は全て閉ざされていた。中国内の発展したキャッシュレス文明は旅行者程度には開放されていなかった。そう、つい最近までは。

 しかし、11月5日から、アリペイがショートステイの中国を訪れる海外旅行客がアリペイを通してモバイル決済を使用できるミニプログラム「ツアーパス(Tour Pass)」のサービスを開始したのだ。

 使うためには、スマートフォンにアプリ「Alipay」をインストールし、その中のミニアプリ(LINEでいうショッピングやゲーム)にある独自機能「TourPass」に情報を登録すると、「Bank of Shanghai」の口座が割り当てられ、そこに自身のクレジットカードからチャージし、中国国内に限ってアリペイアプリを使ってレストランや店舗で支払うことができるようになったのだ。

 また、AlipayのライバルであるWeChat Payも、今後クレジットカードからチャージ可能にする方向だという。

 IT化を推し進める地方都市などでは、顔認識払いなどの導入も進んでおり、中国旅行のハードルは高まるばかりかと案じていた矢先のこの革命。次に中国に行ったときはもう少し「便利さ」を痛感できるかもしれない。

<文/HBO編集部>

関連記事(外部サイト)