スペイン総選挙、「極右躍進」報道は一面的過ぎ。実際には、「分断」がより複雑に進む

スペイン総選挙、「極右躍進」報道は一面的過ぎ。実際には、「分断」がより複雑に進む

辛くも第一党を維持した社会労働党とペドロ・サンチェス首相(真ん中) (Photo by A. Ware/NurPhoto via Getty Images)

◆スペイン総選挙、中道左派が第一党を守るも極右躍進

 11月10日、スペインの総選挙が行われた。今回の選挙は、4月28日の総選挙で社会労働党が勝利したものの、過半数の議席(176議席)を得ることが出来ず、他政党との交渉でサンチェス暫定首相は連立政権などを模索したが結局他政党からの協力を得られずに行われることになった「再選挙」であった。

 そんな経緯の再選挙の結果を受けて、12日、ペドロ・サンチェス首相率いる中道左派の与党社会労働党とポデーモスが連立政権を誕生させるための合意が結ばれたことが発表された。

 しかし、首班指名で承認されるための必要な議席数の確保の最終確認はまだ済まされていない。

 今回の選挙における全国レベルの政党の前回の議席数と今回獲得した議席数を以下に示す。

社会労働党(中道左派):123議席⇒120議席

国民党(中道右派):66⇒88

ボックス(極右):24⇒52

ポデーモス(急進左派):42⇒35

シウダダノス(中道右派、反カタルーニャ独立):57⇒10

マス・パイス(新興左派):0⇒3

複数の地方政党:38⇒42

◆サンチェス首相や各政党が陥ったジレンマ

 選挙結果は16政党が議席を獲得することになり、しかも与党の社会労働党が議席を減らし、極右政党ボックス(Vox)が大幅に議席を伸ばすなどして前回の選挙よりも内閣を誕生させることがより難しいものとなった。

 というのも、例えば、これまで与党として政権を担って来た社会労働党が首班指名で過半数の議席を確保しようとすれば同じ左派系の政党からの協力を得ようとした場合にポデーモスとマス・パイスの議席を足しても158議席にしかならないからだ。そのため、過半数の176議席を確保するには地方のナショナリズム政党に議席を借してもらうことが必要となる。

 ナショナリズム政党の中でも協力してくれる可能性のある政党は、カタルーニャの共和党左派やバスク国民党になり、そのためには勿論交換条件が必要になる。特に、共和党左派は現在カタルーニャの独立を主張している政党である。そこから議席を借りることになるとスペイン政府がカタルーニャの3政党による独立への動きを阻止できなくなる。だからサンチェス首相は独立を望む政党から票を借りることは極力避けている。

 しかし、右派の国民党にとっても難しい状況なのは同じだ。国民党が政権獲得に動こうとするとボックスとシウダダノスとカナリア諸島の右派の2議席を加えても152議席にしかならないのだ。

 結局、左派も右派も政権を担うだけの過半数の議席が確保できないのである。首班指名には最初の投票は過半数の票が必要であるが、2回目の投票では反対票を上回るだけの支持票で良いということであるが、地方政党の議席数は今回は42議席ある。その一部が首班指名に反対票を投じると支持票を上回る可能性もある。結局、今回の選挙結果は政権誕生を前回よりもさらに複雑にしているというのが正解である。

右派色を強めたシウダダノスの誤算

 今回の選挙で最大の過ちを犯したのはシウダダノスのアルベール・リベラ党首である。前回の選挙で57議席を獲得しておきながら僅か6か月で47議席を失い10議席しか獲得できなかったのである。僅か半年間で250万票を失ったのである。

 スペインが民主化になって以来、今回のように大幅に議席を減らしたのは1982年の中道民主同盟が168議席から157議席を失って11議席しか獲得できなかったというケース以来のことである。

 シウダダノスが47議席も失うという事態を導いたのは次のようなミスをリベラが犯したのが要因である。

 4月の選挙で57議席を獲得した時に社会労働党の123議席とで連立すれば180議席となり、過半数の議席(176)を確保し安定した政権を誕生させることができた。シウダダノスはもともと中道派で、蝶番のような役目をするために誕生した政党である。ところが、リベラはサンチェス首相がカタルーニャ独立を企む州政府に便宜を図るような姿勢に反対していた。

 シウダダノスはカタルーニャで誕生した政党で、カタルーニャの独立には強く反対している。またリベラは4月の選挙で国民党が大幅に議席を減らして66議席となり、その票差は僅か20万票ということで、国民党を追い越して右派を代表する政党に育てようとした。そして5月の地方選挙でも国民党を追い越そうとしたが、結果は彼の望む通りにはならなかった。それでも地方自治体の政権を担うために多くの自治体で国民党と連携した。本来、中道を目指した政党が中道から右派に方向転換しているように国民から見られるようになった。

 当初、シウダダノスに投票した有権者の多くが国民党の政治に不満で、中道でも右寄りのシウダダノスに投票した。同様に社会労働党に投票していた有権者の一部もカタルーニャ問題に反対を断固唱えるシウダダノスに投票した。

 ところが、リベラが右派の代表政党になることを目指すようになった途端、社会労働党からシウダダノスに投票した有権者は右寄りになる政党には興味ないとして支持しなくなった。また、国民党から流れて来た有権者も中道を忘れて右派になるのであれば国民党への支持に戻るという結果になったのである。それが今回の選挙で250万票を失う結果となったのである。

◆極右ボックス躍進の背景

 その反面、今回の選挙で一番成果を出したのは極右政党ボックスである。ボックスの党首サンティアゴ・アバスカルは1994年まで国民党に籍を置いていた。ラホイ前首相の優柔不断な政治姿勢に反対して同党の一部議員と2013年にボックスを設立した。

 ボックスの政策の主なものは次のようなものである。

・スペイン国家の統一を損なっている自治州制度を廃止して中央集権体制の強化。

・スペイン語を全国レベルで公用語とさせ、カタラン語などの教育は二次的なものにする。

・キリスト教を尊重し、イスラム原理主義教会の閉鎖、刑法の強化。

・移民を制限し同じ言語のラテンアメリカからの移民を優先。

・EUにおいてまず加盟国家を優先させ、委員会はそれに準ずるものとする。

 ボックスが今回の選挙で議席を大きく伸ばした要因は二つある。

 カタルーニャの独立問題とフランコ将軍の棺が戦没者慰霊の谷の大聖堂に埋葬されていたのを掘り起こして移送しエルパルドの国立墓地にフランコ夫人の傍に埋葬されたことである。特に、フランコ将軍の棺の掘り起こしの時点からボックスへの支持者が急激に増えたことが選挙予測統計専門家の間で明らかにされている。

 もう一点付け加えると選挙前に行われた5党首が集まってのテレビ討論でアバスカルの主張に他の党首からの反論が少なく、それがまた票を伸ばした要因だと専門家は挙げている。サンチェス首相は他政党党首からの批判に終始防戦気味で討論を何とか切り抜けたという印象を与えた。(参照:「El Pais」)

 また、ボックスがイデオロギーの違いを越えて幅広く労働者層からの支持を集めていることもある。今回もボックスに流れた票の一部には社会労働党にこれまで投票していた有権者が投票したということも明らかになっている。従来の政党ではカタルーニャ問題や不法移民問題を解決してくれないという有権者の不満がボックスへの支持に変化したのである。

 ちなみに、極右政党らしく、今回の選挙でボックスが構えた本部への立ち入りを禁止されたメディアもある。“同党のことが正確に報道されていない”という、トランプ大統領のような言い分がその理由だ。禁止されたのは、スペイン代表紙『El Pa?s』やラジオで最も高い聴率を誇る『Cadena SER』などが含まれていた。

◆連立政権が決定したがポデーモスの先行きは明るくはない

 今回社会労働党と連立を組むことになったポデーモスだが、今回7議席を失っている。

 ポデーモスは庶民を代表する政党として誕生した。社会で差別された人たちを手助けするのも同党の主旨でもある。そして富裕層のことを、インドのカースト制からその呼び名を拝借して「カースト」と呼んで一貫して批判してきた。ところが、そのイグレシアスがマドリードの郊外に豪邸を買ったというスキャンダルが浮上した。しかも、彼は党首ということで24時間治安警察が警備している。

 それを皮肉って彼も「カースト」になったと批判しているメディアもある。彼の豪邸を維持するには費用は相当に掛かる。その費用はどこから出ているのか? 豪邸を購入できるだけの資金があるのであればその一部を何故貧困者のために捧げないのであろうか。そのような批判から生まれた政党がマス・パイスである。

 ちなみに、今回連立を組むことになったポデーモスだが、前回4月の総選挙時にはイグレシアス党首が連立政権を組むための条件として、副首相のポストと3つの大臣のポストを要求したということなどもあって、サンチェス首相はその執拗さを受け入れることが出来ずポデーモスとの連立政権の設立を辞退したという経緯がある。

 社会労働党とポデーモス両党による組閣の詳細はまだ発表されていない。しかし、イグレシアスが副首相として入閣するのは確実だとされている。

<文/白石和幸>

【白石和幸】

しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身

関連記事(外部サイト)