「手作りレベル」の潜水艦で7690km航海してコカイン密輸。密売人の執念に呆然

スペインで麻薬を積んだ潜水艦が摘発 手作りレベルの潜水艦で水圧への抵抗は僅かとも

記事まとめ

  • スペインの沖合で、コカインを積んだ潜水艦が証拠隠蔽の為に沈められる事件が起きた
  • この潜水艦が出航したのは南米コロンビアで、直線にして7690kmを航海したことになる
  • 手作りレベルだったといい、海中に潜るのではなく海面のすぐ下を航海して行く感じとも

「手作りレベル」の潜水艦で7690km航海してコカイン密輸。密売人の執念に呆然

「手作りレベル」の潜水艦で7690km航海してコカイン密輸。密売人の執念に呆然

3トン以上のコカインを積んでいた潜水艦 (Photo by Marta V?zquez Rodr?guez/Europa Press via Getty Images)

コロンビアから7690km以上、潜水艦でコカインを運ぶ

 スペイン北西部のガリシア地方の主要都市のひとつビゴ市に面したビゴ湾の対岸カンガス市のコウソ岬の沖合で今月24日夜半、コカインを積んだ潜水艦が乗組員3名によって証拠隠蔽する為に沈められるという事件が起きた。ガリシア地方は南米からの麻薬の密入地として30年来盛んなところだ。そこからヨーロッパに密輸するのである。

 この潜水艦が出航したのは南米コロンビアで、ガリシア地方まで直線にして7690kmを航海したことになる。麻薬を積んだ潜水艦が警察によって摘発されたのはヨーロッパで初めてのケースだという。(参照:「La Voz de Galicia」)

◆「手作りレベル」でハイリスクな潜水艦

 全長22mのこの潜水艦は繊維強化樹脂を使って製造された代物で、しかも船体は二重構造になっておらず水圧への抵抗は僅かであることから海中に潜るのではなく海面のすぐ下を航海して行くといった感じだ。要するに船体を視界からくらます目的で製造されたものだ。手作りといった域から出るものではなく沈没する可能性も高いという。製造された場所はベネズエラに隣接したガイアナで、手作りレベルとはいえおよそ250万ユーロ(2億9500万円)の費用が掛かったものと推察されている。(参照:「Hoy」、「El Pais」)

 このような高い費用がかかり、沈没のリスクを背負っても潜水艦を製造し、密輸しようとするのはそれに見合うだけの価値ある麻薬を積んでいるということが条件になる。今回の潜水艦を最終的に浮上させてからその積荷量が確認されるが、3000-3500kgのコカインを積んでいるものと推測されており、それを金額にすると1億ユーロ(118億円)以上に相当する価値だという。特にこの時期はクリスマスシーズンに向かうということで麻薬の需要は急増する。(参照:「La Voz de Galicia」)

 南米から北米に向けての密輸の場合は今回のような潜水艦が使用される場合は頻繁にあるそうだ。しかし、ヨーロッパまでの輸送となると8000km近くを航海する必要がありリスクも高い。2006年に同じくガリシア地方のビゴ市の河口で治安警察によって全長11mの潜水艦が放置されていたのを見つけたケースがある。今回の潜水艦はそれ以来であるという。(参照:「Hoy」)

◆陸海空総動員で潜水艦の居場所を突き止めたポルトガル警察

 今回、乗船していたのは二人のエクアドル人とひとりのスペイン人の三人であった。沖合80mのところで彼らはコックを開けて水を浸入させて沈没させるようにしてそこから離れて泳いで岸に辿りついた時に治安警察がそこに待機していた。その時にスペイン人は逃亡した。彼らはこの潜水艦で大西洋を横断してカーボベルデに到着し、そこからポルトガルに向かって北上したのである。

 ポルトガルの警察は彼らが北上しているという情報は掴んでいた。彼らを拿捕しようとしたが出来なかった。それと併行してガリシア地方の都市ポンテベドゥラの治安警察もその情報を受信して捜査に当たっていた。と同時に米国の麻薬取締局からの情報も受信していた。しかし、受信していた情報が示していた目的地は的を外れていた。結局、治安警察と国家警察によって分析された情報にもとづいて陸、海、空から捜査を進めて潜水艦の居場所を突き止めたのであった。

◆食料不足とエンジン故障の末にコカインも押収

 彼らには食料が不足し、エンジンもしけで故障しているという情報も掴んでいた。彼らがモルテ沿岸までたどり着きその間もアストゥリア地方の漁師と交信していたことも分かっている。それは積荷の麻薬を受け取ることになっていた相手であろうと警察では推測している。(参照:「La Voz de Galicia」)

 また治安警察の潜水特殊部隊は海中に沈められたその潜水艦から積荷の一束を持ち帰ってコカインが積まれていることを確認。潜水艦を浮上させる検討に入っている。

 結局、今回の密輸による麻薬は密売されることなく警察が押収することになる。コロンビアのカルテルにとって潜水艦を建造した投資への見返りはなく今回は目的は達成されなかったことになる。今回は偶々検出されたが、現在も南米から多量の麻薬がヨーロッパに密輸されているのである。

<文/白石和幸>

【白石和幸】

しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身

関連記事(外部サイト)