タイでは珍しい地震。発生するとみんな建物の外に一目散で逃げる理由とは?

タイでは珍しい地震。発生するとみんな建物の外に一目散で逃げる理由とは?

完成から10年経たずして地盤沈下でひびだらけ、修繕だらけのマンション

 11月21日早朝、タイの首都バンコクに在住する複数の日本人からTwitterやFacebookなどのSNSで似たような投稿が一斉にあった。

「え? 地震?」

「なんか揺れている気がする」

◆ラオス国境付近で地震が発生。700km離れたバンコクでも揺れた

 この日、午前6時50分(日本時間同日午前8時50分)にタイと隣国のラオス国境付近を震源とする地震が発生したのだ。タイのメディアによれば、タイ気象局の発表ではタイ北部とラオス国境から北東に約20キロが震源で、マグニチュードM6.4、震源の深さは約4キロ。また、同じくメディアで取り上げられていた米地質研究所(USGS)の発表ではM6.1、震源の深さは10キロだった。

 タイ気象局はこの地震によりタイ北部を中心に国内9県で揺れが感じられ、同日午前8時17分(タイ時間)までに周辺地域でM3.3〜4.8の余震が8回観測されたという。この地震で北部の一部では建物にひび割れなどが発生したとされるが、死傷者はなかったようだ。

 余震を含めて、これらのいずれかの揺れが震源からおそよ700キロ離れたバンコクでも感じられ、在住日本人の投稿に繋がったというわけだ。

 21日の震源がこれだけ離れているにも関わらず揺れを感じたことは、タイ在住の筆者からすれば驚くことではない。というのは、2008年5月12日に中国四川省で発生した「四川大地震」の際、四川省からバンコクは約1800キロも離れていたが、筆者も揺れを感じたからだ。

◆タイで地震が起きるとみんな建物の外に出る理由

 タイは地震のない国と思われているが、ときどきタイ北部を震源とする地震、あるいは山岳地帯がタイ北部から連なるミャンマーやラオス領内を震源とする地震が発生し、タイ国内が揺れることはある。ただ、それは稀なことであるし、建物が倒壊するほどの大地震は起こることはほとんどないと言っていいだろう。

 しかし、これまでもバンコクでは遠く離れた場所を震源とする地震の影響で、特に高層ビルが揺れることは数年に一度という頻度で起こっている。そんなとき、タイ人の多くはすぐに建物から避難する。

 というのも、タイは基本的に地震がないことが前提のため、日本ほどの耐震性が建物にはないからだ。高層ビルはさすがに鉄筋の柱を使うが、ただ組み上げただけのような家屋もいまだに多いし、高層ビルの柱もあまり太くない。壁に至っては高層ビルでもレンガを積んでいるだけのところも少なくないので、日本人がタイの建築現場を見てしまうと不安を感じるほどである。

◆「建物は崩れるものだ」という考えが一般的!?

 また、バンコクとその周辺は地盤が緩い。かつてバンコクは東洋のベニスとも言われたほど、水路が張り巡らされていた場所だ。最近は投資ブームで高層マンションなども乱立しているが、新築もわずか数年で地盤沈下して、建物全体にひびが入っていく。同時に、タイの強い日差しの影響もあるだろう。そのため、経年劣化も日本より早いとも言われる。そもそもメンテナンス自体もどれほど徹底して行われているか定かではない。

 そんなこともあって、タイではどんなに小さな地震でも建物は崩れるものだと考えることが一般的で、ほとんどの人が少しでも揺れを感じたら建物から退避する。机の下や太い柱の下に隠れても、建物が崩壊しては意味がないのだ。

 そう滅多に起こるものではないが、タイに来たら、訪れる商業施設やホテルなどの避難経路を事前に調べておいた方がよさそうだ。

【高田胤臣】

(Twitter ID:@NatureNENEAM)

たかだたねおみ●タイ在住のライター。最新刊に『亜細亜熱帯怪談』(高田胤臣著・丸山ゴンザレス監修・晶文社)がある。他に『バンコクアソビ』(イースト・プレス)など

関連記事(外部サイト)